2017年06月24日

大邱で3年ぶり高病原性鳥インフルエンザ発生=韓国【中央日報2017年6月24日】(他1ソース)

大邱(テグ)で3年ぶりに高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生した。

農林畜産食品部は、大邱(テグ)広域市東区の商人が所有する家禽類に鳥インフルエンザ感染の疑いがあると21日に申告され、精密検査をした結果、高病原性のH5N8型であることが確認されたと23日、明らかにした。

これを受け、2日以降の鳥インフルエンザ発生農場は7市・道の36カ所に増えた。
http://japanese.joins.com/article/503/230503.html

大邱の鳥インフル 高病原性と確認【KBS WORLD RADIO2017年6月24日】
大邱で3年ぶりに高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されました。
農林畜産食品部は、大邱(テグ)市東(トン)区の家きん類商が飼っていた鶏から今月21日、鳥インフルエンザの陽性反応が確認されたため、精密検査をしていましたが、感染力が強い「H5N8型」の高病原性鳥インフルエンザであることを確認しました。
大邱で鳥インフルエンザの感染が確認されたのは2014年6月以来3年ぶりです。
これで高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたのは、7つの広域市と道、14の市と郡の合わせて36か所となりました。
韓国では、去年11月からこれまでで一番大規模な鳥インフルエンザが全国で猛威を奮いましたが、ことし4月4日から2か月あまり新たな発生がなかったため、政府は今月1日に危機警報のレベルを平常に戻しました。
ところが、その翌日から済州島など各地で高病原性鳥インフルエンザが再び発生し、政府や自治体は拡散防止に追われています。
韓国では去年を除いて2014年以来、毎年6月から7月の間に鳥インフルエンザが発生しており、冬の渡り鳥によって持ち込まれ潜伏状態になっていたウィルスが季節を問わず他の家きん類に感染する「循環感染」になっているのではないかと、農林畜産食品部ではみています。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=64088

http://archive.is/uWxeN
http://archive.is/nla5A
高病原性鳥インフルで韓国の参鶏湯輸出も危機【中央日報2017年6月18日】

posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: