2017年06月20日

フンボルトペンギン この夏、大人の階段 「換羽」始まる 桂浜水族館 /高知【毎日新聞2017年6月20日】

羽が生え変わり始めたフンボルトペンギンの「はんぺん」=高知市浦戸の桂浜水族館で、松原由佳撮影
 桂浜水族館(高知市浦戸)のフンボルトペンギンたちが、羽が生え変わる「換羽」の時期を迎えている。

 フンボルトペンギンは1年に1度、夏前に羽が生え変わる。換羽を迎えるのはフンボルトペンギン61羽のうち、今年生まれた14羽を除く47羽。昨年生まれたオスの「ちくわ」「はんぺん」「かまぼこ」のおでんにちなんだ3兄弟と、メスの「リオ」の4羽が、初めて換羽の時期を迎えた。羽が生え変わると胸に黒いラインが出て、大人のペンギンになる。

 おでん3兄弟のうち、「はんぺん」と「かまぼこ」は既に、羽が抜け始めている。1〜2週間ほどで生え変わるという。

 ペンギンを担当する飼育スタッフの波田椎奈さん(21)は「他のオスに負けないように、強く大きく育ってほしい」と話していた。【松原由佳】
https://mainichi.jp/articles/20170620/ddl/k39/040/568000c

http://archive.is/JndDL

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: