2017年06月29日

東武動物公園 けもフレ&ナイトズー 第2弾コラボ、来月15日から /埼玉【毎日新聞2017年6月29日】(フンボルトペンギン)

26種類のパネルや飼育員ガイド 夜ならではの楽しみ演出
 東武動物公園(宮代町)は7月15日から始まる夏の夜間開園に合わせ、人気アニメ「けものフレンズ」と提携したキャンペーンを実施する。4〜6月に開催して好評だったキャンペーンの第2弾。夜行性の動物を飼育員が案内したり、キャラクターを描いたボードをライトアップしたりして、夜ならではの楽しみを演出する。【木村健二】

 同園によると、第1弾は4月22日から6月25日まで実施され、短文投稿サイト「ツイッター」のフォロワー数は1万2000人を超え、開始前(6000人程度)の2倍に増えた。動物がヒトに変身したキャラクター「アニマルガール」をデザインした缶バッジは計2万9768個を売り上げ、関連グッズも空前のヒットになった。

 ペンギン舎では、キャラクターのパネルをじっと見つめるフンボルトペンギンの雄グレープ君が、「恋するペンギン」としてインターネット上で話題になった。第1弾終了後にパネルが撤去された場合に寂しくなるグレープ君を心配する声もネット上で書き込まれたため、ペンギン舎のパネルについては25日以降も設置を継続する。

 第2弾は、26種類のキャラクターのパネルを貼った特大ボード(幅21・6メートル、高さ1・8メートル)を園内中央に設置し、ライトアップ。7月15日、8月14日、9月2日には午後4時から、バクやカバなどの夜行性の動物、ホタルの生態や特徴を飼育員がガイドする。缶バッジはデザインを一新し、夜でも光るように蓄光加工を施した5種類を1個500円で販売(1人1種類2個まで)。アライグマ役の声優を務める小野早稀(さき)さんらによる同園の紹介アナウンスも流される。

 夏の夜間開園は7月15日〜9月3日の土日祝日、お盆の8月11〜15日で、平日午後6時までの営業時間を同8時まで延長する。けもフレとの提携について、同園の広報担当者は「第1弾とは異なる動物も紹介するので、いろいろな動物を知ってほしい」と話している。
https://mainichi.jp/articles/20170629/ddl/k11/020/081000c

「けものフレンズ」とコラボ フレンズに会いに来て! みさき公園【産経WEST2017年6月29日】
コラボ企画で販売される「バンドウイルカ」のオリジナル缶バッジ(C)けものフレンズプロジェクト
 大阪府岬町のみさき公園で、人気アニメ「けものフレンズ」とコラボしたイベントが7月6日から開かれる。期間中は獣舎付近にアニメのキャラクター「フレンズ」たちのパネルを展示するほか、オリジナル缶バッジも発売。同公園の担当者は「多くのアニメファンの方に訪れていただき、この機会に本当の動物たちにも触れあってもらえたら」と期待を寄せている。

 「けものフレンズ」は、テレビ東京系で今年1〜3月まで放映されたアニメ。巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、神秘の物質「サンドスター」の影響で動物が人の姿へと変身したフレンズ(アニマルガール)たちが大冒険を繰り広げるという物語で、絶大な人気を集めた。

 今回展示されるのは、同公園で飼育中の約40種から、アミメキリンやニホンアナグマなど19種類のフレンズたちと、同公園にはいないが、アニメのメインキャラであるサーバルキャットの「サーバル」と、フェネックギツネの「フェネック」を加えた計21種類のパネル(全長約60センチ)。

 各パネルは各獣舎付近に設置されるほか、フェネックは園内のメモリアル広場に、サーバルは「すぐに見つからない場所」に設置して「どこにいるのか探してみるのも楽しんでもらえたら」(広報担当)という。

 また、オグロプレーリードッグとバンドウイルカのフレンズが描かれたオリジナル缶バッジ(各300円、初日は500個ずつ用意)が販売されるほか、飼育員が動物の生態解説を行う夏季限定イベント「ナイトズー」の参加者には、アカカンガルーのフレンズが描かれた缶バッジがプレゼントされる。

 ペンギンのフレンズのパネルをずっと見続けるオスのフンボルトペンギンが「恋をしたのでは」とネット上で話題になるなど、全国の動物園に話題を提供したコラボとあって、みさき公園は「このコラボを来園のきっかけにして、ぜひ足を運んで楽しんでもらえたら」と話している。9月19日まで。問い合わせは同公園((電)072・492・1005)。
http://www.sankei.com/west/news/170629/wst1706290024-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/170629/wst1706290024-n2.html

http://archive.is/A8DcL
http://archive.is/YnUwn
http://archive.is/dhTKr

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: