2017年07月06日

コツメカワウソ、アシカ、フラミンゴ…みさき公園はベビーブーム【産経ニュース2017年7月6日】

 約40種の動物が暮らす「みさき公園」(岬町)で、動物の赤ちゃんが次々に生まれる“ベビーブーム”にわいている。2月に生まれたコツメカワウソを皮切りに、計8種の赤ちゃんが誕生。関係者は「赤ちゃんは日々成長している。かわいらしい姿をぜひ早く見に来ていただければ」と呼びかけている。 

 現在人気を集めているのは、カリフォルニアアシカの赤ちゃん。

 同公園では2年ぶりに誕生した1匹で、6月5日に生まれ、体長は80〜90センチ、体重は15〜20キロ程度にまで成長。生まれたばかりのころは怖がって水に入ることができなかったが、母アシカの「シーラ」と泳ぎのトレーニングを積み、少しずつ泳ぎ始めているという。

 4〜5月に生まれたモルモット8匹は体長約25センチ、体重約600グラムまで大きくなり、エサを見ると、高くジャンプして喜ぶなど元気いっぱいだ。

 5月24、26日にはベニイロフラミンゴが誕生。2羽は体長約40センチに成長し、母親ののどの奥から分泌される「フラミンゴミルク」を口移しで飲んだり、池を足踏みして浮いてくる藻を食べたりし、固形食も少しずつとり始めているという。

 2月に生まれたコツメカワウソ4匹は、全長約45センチまで大きくなり、現在はイルカ館で様子を見られる。

 ほかに、オカメインコ5羽▽ニホンザル4匹▽コールダック8羽▽トカラヤギ2匹が誕生。すくすくと成長する姿を見せている。

 7月の休園日は11、12日。入園料は中学生以上1350円、3歳以上700円。問い合わせは同公園((電)072・492・1005)。(嶋田知加子)
http://www.sankei.com/region/news/170706/rgn1707060006-n1.html

http://archive.is/yyx1e

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: