2017年07月06日

コシアカツバメ 石川で繁殖を確認【福島民報2017年7月6日】

 日本野鳥の会郡山支部は5日までに、石川町でコシアカツバメの繁殖を確認した。同支部によると、県内ではいわき市以外でコシアカツバメの繁殖が確認されるのは珍しいという。同支部会員の大河原吉衛さん(67)=郡山市=が6月6日に石川町中心部で行った現地調査で発見した。
 確認したのは18羽で巣は20個あった。同支部によると、県内では過去に棚倉町や浅川町、伊達市などで確認されていたが、少なくとも十数年前からは確認されていなかったという。
 大河原さんと同支部の熊谷建一さん(67)は「いわき市以外では非常に珍しい。今後も繁殖を温かく見守っていきたい」としている。
 日本野鳥の会などによると、コシアカツバメは国内では関東以西に多く見られる。腰の部分が赤褐色やオレンジ色なのが和名の由来となった。巣が特徴的な形状でとっくり型のため、トックリツバメと呼ぶ地方もある。
https://www.minpo.jp/news/detail/2017070643091

http://archive.is/zrIky

posted by BNJ at 21:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: