2017年07月07日

川栄李奈“仕込みなし”で水族館の飼育員挑戦!ペンギンの名付け親に【サンスポ2017年7月7日】(他2ソース)

飼育員の仕事にガチ挑戦する姿をWEB動画で披露した川栄李奈。オットセイからご褒美のチュー!【拡大】

 元AKB48で女優の川栄李奈(22)が水族館の飼育員に体当たりでチャレンジする、仕込みなしのドキュメンタリーWEB動画「川栄李奈、水族館でガチ挑戦!」が、7日、特設サイト内の「ORIX Channel」で公開される。

 舞台は東京スカイツリーのふもとにある、オリックスグループ運営の東京・押上のすみだ水族館。飼育員は動物たちと触れ合える楽しい仕事に思われがちだが、地道できめ細かい業務が多く、川栄は“仕込みなし”で挑戦した。

 ペンギンの健康を管理する際には、世話をしながら顔と名前を覚えて名前当てクイズに挑戦。オットセイなどの海獣にも積極的にコミュニケーションを試みようとする情熱が伝わると、動物たちも心を開き始めた。オットセイからほほにチューをされた瞬間に見せた笑顔は、本気で頑張ったからこその喜びの表情だった。

 一人前の飼育員として認められた川栄が、ペンギンの赤ちゃんの名付け親になるサプライズも。名前は近日公開される。

 川栄は「短い期間の体験でしたが、とても疲れました。それでも飼育員さんの大変さ、苦労がよく分かりました」としみじみ。WEB動画はhttps://www.orix−channel.comで閲覧できる。
http://www.sanspo.com/geino/news/20170707/geo17070705030006-n1.html

川栄李奈がオットセイとキス【朝日新聞デジタル2017年7月7日】
水族館飼育員にガチ挑戦しオットセイとキスをする川栄李奈
[PR]
 女優の川栄李奈が、すみだ水族館を舞台とした飼育ドキュメンタリー動画『川栄李奈、水族館でガチ挑戦!』に出演。ペンギンやオットセイ、チンアナゴなどのいきものが暮らすすみだ水族館で、飼育員の仕事に体当たりでチャレンジ。生き物たちと人をつなぐ飼育員という仕事の大変さや責任、そしていきものたちと気持ちが通じる喜びを、仕込みなしのドキュメンタリータッチで描かれる。

【写真】川栄李奈がオットセイにキスをせがむも無視される!?

 今回の動画では、すみだ水族館ならではの業務や、一般ユーザーにはあまり知られていない飼育員の仕事に、川栄李奈さんが本気で挑戦。飼育員は、いきものたちと触れ合える楽しい仕事のように思われがちだが、実際は地道で細かい作業も多い。ひたむきに取り組む川栄の姿に注目だ。

 ペンギン一羽一羽に適切な量のゴハンをあげるために、顔と名前を覚える必要があることを教わった川栄は、ペンギンの名前当てにもチャレンジ。オットセイなどの海獣に近づいても戸惑うことなく、積極的にコミュニケーションを試みようとする川栄の情熱が伝わるや、いきものたちも徐々に心を開き始めた。オットセイが頬にチューをしてくれた瞬間に川栄が見せた笑顔は、本気で頑張ったからこその喜びの表情を見ることができる。

 撮影を終えた川栄は「飼育員さんの大変さ、苦労が本当によく分かりました。動物たちがかわいくて近づきたいのですが、接し方や距離感の測り方が難しかったです」と振り返る。また、もっとも印象に残った仕事は、ペンギンの水槽の掃除だった川栄。かなりの重労働だったようだが「好奇心旺盛なペンギンが近くに来てくれて、とてもかわいかったです。ペンギンの赤ちゃんとも触れ合えたので嬉しかったです」と笑顔で語っていた。

 一人前の飼育員になった川栄は、生まれたばかりのペンギンの赤ちゃんに名前をつけることに。川栄が考えたペンギンの名前は、近日公開予定だという。

 飼育ドキュメンタリー動画『川栄李奈、水族館でガチ挑戦!』は、7月7日(金)より新たに開設するキャンペーンサイト『ORIX Channel』をはじめとするウェブ上で公開。
http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2093713.html

ORICON NEWS 川栄李奈がオットセイとキス 水族館飼育員にガチ挑戦【毎日新聞2017年7月7日】
水族館飼育員にガチ挑戦しオットセイとキスをする川栄李奈
 女優の川栄李奈が、すみだ水族館を舞台とした飼育ドキュメンタリー動画『川栄李奈、水族館でガチ挑戦!』に出演。ペンギンやオットセイ、チンアナゴなどのいきものが暮らすすみだ水族館で、飼育員の仕事に体当たりでチャレンジ。生き物たちと人をつなぐ飼育員という仕事の大変さや責任、そしていきものたちと気持ちが通じる喜びを、仕込みなしのドキュメンタリータッチで描かれる。

【写真】川栄李奈がオットセイにキスをせがむも無視される!?

 今回の動画では、すみだ水族館ならではの業務や、一般ユーザーにはあまり知られていない飼育員の仕事に、川栄李奈さんが本気で挑戦。飼育員は、いきものたちと触れ合える楽しい仕事のように思われがちだが、実際は地道で細かい作業も多い。ひたむきに取り組む川栄の姿に注目だ。

 ペンギン一羽一羽に適切な量のゴハンをあげるために、顔と名前を覚える必要があることを教わった川栄は、ペンギンの名前当てにもチャレンジ。オットセイなどの海獣に近づいても戸惑うことなく、積極的にコミュニケーションを試みようとする川栄の情熱が伝わるや、いきものたちも徐々に心を開き始めた。オットセイが頬にチューをしてくれた瞬間に川栄が見せた笑顔は、本気で頑張ったからこその喜びの表情を見ることができる。

 撮影を終えた川栄は「飼育員さんの大変さ、苦労が本当によく分かりました。動物たちがかわいくて近づきたいのですが、接し方や距離感の測り方が難しかったです」と振り返る。また、もっとも印象に残った仕事は、ペンギンの水槽の掃除だった川栄。かなりの重労働だったようだが「好奇心旺盛なペンギンが近くに来てくれて、とてもかわいかったです。ペンギンの赤ちゃんとも触れ合えたので嬉しかったです」と笑顔で語っていた。

 一人前の飼育員になった川栄は、生まれたばかりのペンギンの赤ちゃんに名前をつけることに。川栄が考えたペンギンの名前は、近日公開予定だという。

 飼育ドキュメンタリー動画『川栄李奈、水族館でガチ挑戦!』は、7月7日(金)より新たに開設するキャンペーンサイト『ORIX Channel』をはじめとするウェブ上で公開。
https://mainichi.jp/articles/20170707/orc/00m/200/026000c

http://archive.is/qBomC
http://archive.is/gBY7F
http://archive.is/ETVrY
【オリックスグループ】すみだ水族館が舞台の飼育ドキュメンタリー動画を公開 川栄李奈さんがガチで水族館飼育員の仕事に挑戦!【プレスリリース2017年7月7日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: