2017年07月20日

【長崎】ペンギンのひな プールデビュー 森きらら【西日本新聞2017年7月19日】

 生まれて2カ月が過ぎたフンボルトペンギン2羽が、佐世保市船越町の九十九島動植物園森きららのペンギン用プールにお目見えし、毎日午前中、気持ちよさそうに泳ぎ回っている=写真。

 4月に生まれた2羽は成鳥より羽が黒く幼さがあるが、体長は30センチほどで成鳥並み。今月上旬、飼育員が「そろそろプールデビューを」と練習用にビニール製プールを買い、泳がせようとしていたところ、2羽は本物のプールへドボン。

 最初はバランスが悪かったが、今は縦10メートル、横14メートル、深さ最大4メートルのプールで上手に潜水するなど訪れた親子連れらを喜ばせている。
https://www.nishinippon.co.jp/nlp/animal_news/article/344251/

http://archive.is/TD1IS

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: