2017年07月27日

大分市のムクドリ対策 タカ、三たび出番【大分合同新聞2017年7月27日】(既報関連ソースあり)

ん=26日夜、大分市の中央通り
 大分市中心部の中央通りをねぐらにし、ふんや騒音被害が出ているムクドリ対策として26日夜、鷹匠(たかじょう)がタカを放って追い払った。
 対策は市が昨年8月、今年1月に続いて実施。過去2回で「3カ月間戻ってこなかった」という効果が出ており、8月4日から同所である「大分七夕まつり」を前に取り組んだ。
 無数のムクドリがねぐらの街路樹に帰ってきた午後7時すぎ、鷹匠の石橋美里さん(23)=佐賀県武雄市=らが飛ばしたタカ2羽とメンフクロウ1羽が、ビルの上と地上を行き来して威嚇。大分市の職員らが嫌がる音を出すなどすると、ムクドリは飛び去っていった。タカは27日も放つ。
 通りの通行者や周辺住民は道路に落ちるふんや、朝方まで続く鳴き声に悩まされてきた。
 市道路維持課の古城英明課長は「昨年8月の取り組み以降、ムクドリの数は減少してきた。今後の対策は今回の結果を踏まえて考えていく」と話した。
※この記事は、7月27日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/07/27/130506284

http://archive.is/7RIBX
鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: