2017年07月31日

教員対象に「博物館の日」 授業に役立つ実験や展示など【教育新聞2017年7月31日】(アメリカワシミミズク/ベニイロフラミンゴ)

多くの教員が参加した
(独法)国立科学博物館は、授業に役立つ各種講座や展示などを行う「教員のための博物館の日2017」を、7月28日、東京都台東区の同館で行った。来場した教員らには、授業活用のヒントとして鶏卵を観察する実験や同館が無料で提供する科学学習プログラムなどを体験してもらった。博学連携につながる機会となるのも狙った。

「授業に役立つ体験プログラム」では、「卵の中をのぞいてみよう」と題した観察・実験を実施。グループごとに、鶏卵の成育日数に応じた胚の変化を観てもらった。講師は、卵の中から胚を取り出し、卵外培養する方法などを指導。教員らは、顕微鏡で胚の様子を観察し、特徴や今後の変化の予想などを話し合った。学校種ごとに、どんな活用が授業でできるかも協議した。

同館に来館しての学校向け各種団体プログラムも体験。「鳥のくちばしのひみつ」では、アメリカワシミミズクやベニイロフラミンゴなど6種類の鳥の頭骨のレプリカ標本を用意。それぞれのくちばしのつくりと身近な道具との比較などをしながら、その働きや食べ物の違いに理解が深められた。

「骨ほねウォッチング」では、等身大の人体骨格模型を組み立て、人体の構造を体験的に楽しく学べる。小学校4年生理科の単元「人の体のつくりと運動」との連動も考慮されていた。

特別展「深海2017」の授業活用に役立つミニ講演会なども行った。

同日には、東京国立博物館、国立西洋美術館、東京都美術館も共催。今年度は、全国31の博物館などで教員対象の取り組みを進めた。

博物館の日は、利用経験が少ない教員に、科学系博物館や美術館などへの理解促進を図ろうと、毎年実施されている。児童生徒への豊かな体験活動と教育の実現に向けて、来場した教員に、博物館などのリソースを生かした実習講座や講演会を実施。学校向け教材や学習プログラムの説明を行っている。
https://www.kyobun.co.jp/news/20170731_03/

http://archive.is/IZQlu

posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: