2017年08月03日

いきもの便り 鳥羽水族館 フンボルトペンギン 3年ぶりに2羽誕生 /三重【毎日新聞2017年8月3日】

5月に生まれたフンボルトペンギン。右の翼に茶色のタグが1本付いている「さつき」、右の翼に茶色と白色のタグが1本ずつ付いている「ナッツ」=鳥羽水族館提供
 5月下旬、3年ぶりにフンボルトペンギンが2羽誕生しました。名前は「さつき」と「ナッツ」。ともに好奇心旺盛ですが、性格は全然違います。右の翼に茶色のタグが1本付いているさつきは食いしん坊で怖がり、右の翼に茶色と白色のタグが1本ずつ付いているナッツは怖いもの知らずで何にでも興味を示します。

 親が体内でミンチ状にした餌をもらっていたので、以前はアジを見せても食べようとしませんでした。最近は食べ物だと分かってきたようで、餌の時間が近くなるとよく鳴いて、アジを見せるとすぐに食べます。生まれた時100グラムもなかった体重は、あっという間に2キロを超えました。

 次は泳ぐ練習が始まります。まだまだ2羽には試練が待っていますが、飼育員一同で見守っていきたいと思います。(飼育研究部・室(むろ)葉津季)

〔三重版〕
https://mainichi.jp/articles/20170803/ddl/k24/070/047000c

http://archive.is/Hnaba
三重 フンボルトペンギン、2羽ふ化 鳥羽水族館、3年ぶり【中日新聞2017年6月3日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: