2017年08月05日

もふもふ...小鳥と小動物が大集合【FNNニュース2017年8月5日】(バード&スモールアニマルフェア)

さまざまな鳥や動物たちと触れ合えるイベント「バード&スモールアニマルフェア」が、東京・大田区で5日から始まった。
このイベントには、インコやカナリアなどの鳥が40種類、1,100羽以上。
ウサギやシマリスなどの小動物が37種類200匹以上、あわせて77種類、1,300以上の鳥と動物たちが集まった。
中には、アフリカなどに生息する珍しい動物の姿も。
さらに、およそ1カ月半前に生まれたばかりという、メンフクロウのひな3羽も登場した。
女性は「(ひなを抱っこしたことある?)初めてです、かわいい。持って帰りたいです」と話した。
たくさんの動物たちの中でも、ひときわ長い列ができていたのが...。
インコを頭の上に乗せたり、肩に乗せることができるなど、すごく近い距離で楽しむことができる。
来場者は「こんなオカメインコまみれになったことないので、幸せです」、「もふもふでかわいい」、「鳥のことをもっといっぱい知られるから、勉強になる」などと話した。
ほかにも、カメが足元をゆったり散歩する中、ウサギを膝の上に乗せて抱っこしたり、ヒツジにえさをあげられるコーナーも。
来場者は「かわいい。ふわふわしてる、雲みたい」、「顔を出したり引っ込ませたりして、かわいい」などと話した。
このイベントは、大田区の「東京流通センター」で、6日まで開かれている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00366447.html

http://archive.is/WFsg6

posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: