2017年08月08日

マガモ 赤ちゃんスイスイ 箱根 /神奈川【毎日新聞2017年8月8日】

母ガモとスイスイ泳ぎ回る4羽のヒナ=箱根ガラスの森美術館で
 箱根町仙石原の「箱根ガラスの森美術館」(岩田正崔館長)で、マガモのひな4羽が生まれ、館内の池を母ガモと一緒にスイスイと泳ぎ回っている。

 池の中島にあるガラスのオブジェの下に巣を作った。先月初めごろから、卵を抱えている姿が見られ、5日朝にヒナがかえったのを確認したという。

 同美術館は8日が開館21周年記念日。10日まで、小中学生の入館料が無料になるほか、特設ステージで特別ライブ「カンツォーネフェスタ2017」が開かれる。

 問い合わせは同美術館(0460・86・3111)。【澤晴夫】
https://mainichi.jp/articles/20170808/ddl/k14/040/092000c

http://archive.is/rc3Vn
新しい命の息吹 マガモ赤ちゃん遊泳 箱根ガラスの森美術館【神奈川新聞ニュース2017年7月13日】
マガモ「かわいい」 ガラスの森美術館【神奈川新聞ニュース2016年8月11日】

タグ:マガモ
posted by BNJ at 23:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: