2017年08月09日

高知県南国市でシャモ研の処理場稼働 飼育から一貫体制整う【高知新聞2017年8月9日】

稼働を始めたごめんシャモ研究会の処理場(高知県南国市宍崎)
 高知県南国市でシャモ肉を生産している企業組合「ごめんシャモ研究会」(立花智幸理事長)の加工施設が南国市宍崎に完成し、このほど稼働を始めた。市内で唯一の食用鶏の処理場となり、ごめんシャモ研究会の「ごめんケンカシャモ」以外の鶏の処理も受ける。...
http://www.kochinews.co.jp/article/117518/

http://archive.is/xzPxx

posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: