2017年08月09日

ライチョウ 今夏ふ化の3羽、性別判明 順調に成長中 富山 /富山【毎日新聞2017年8月9日】

雄と判明した富山市ファミリーパークのニホンライチョウ=同パーク提供
 富山市ファミリーパーク(富山市古沢)は8日、同パークで今夏ふ化した国の特別天然記念物、ニホンライチョウ5羽は雄4羽、雌1羽と発表した。

 うち雄2羽は6〜7月に死んだ。同パークで飼育する3羽のうち、パークで産卵した卵から6月17日にふ化した1羽は雄で、体重はふ化した時から約21倍の370グラムまでに成長。長野県の大町山岳博物館から搬入された卵から7月13日にふ化した2羽は雄雌各1羽で、体重は133グラムと148グラム。いずれも順調に成育している。

 また、死んだひな2羽の死因は細菌検査の結果、感染症の可能性は低いと判明。病理検査を継続し、詳しい死因を判定する予定。【青山郁子】
https://mainichi.jp/articles/20170809/ddl/k16/040/200000c

http://archive.is/SzYkm
高知県南国市でシャモ研の処理場稼働 飼育から一貫体制整う【高知新聞2017年8月9日】
ライチョウひな死ぬ、6月に続き2羽目 残りは3羽に 富山【産経WEST2017年7月26日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: