2017年08月11日

愛知)飼育員が考案「ペンギンなりきり音頭」南知多BL【朝日新聞デジタル2017年8月11日】

「ペンギンなりきり音頭」を練習する飼育員の(左から)今井亮輔さん、伊藤麻子さん、三好菜月さん=美浜町奥田の南知多ビーチランド

 子どもたちに人気のフンボルトペンギンの生態を楽しみながら知ってもらおうと、南知多ビーチランド(美浜町)の飼育員たちが「ペンギンなりきり音頭」を作った。お盆に合わせて11〜16日の夕方、来園する家族連れたちと輪になって、歌と踊りでペンギンになりきる。

 ♪右に左に踏み出せば/ペタペタ音なるかわいいね/骨だけ見ると長いけど/出ている脚が短いの

 台風5号の影響で休園となった7日、大水槽の前で黄色い法被を着たペンギン担当の飼育員たちが、和太鼓のリズムで練習に励んでいた。その一人、今井亮輔さん(22)が作詞を担当した。

 ペンギンの脚の骨は体の奥深く…

残り:764文字/全文:1023文字
http://www.asahi.com/articles/ASK885J6PK88OBJB00Q.html

http://archive.is/qVLP6

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: