2017年08月11日

検疫探知犬が活躍!禁止食品の持ち込み防げ【日テレNEWS24 2017年8月11日】

 夏休みに入り、多くの外国人旅行者が日本を訪れるこの時期、本来は禁止されている動物の肉などの国内への持ち込みが後をたたない。こうした中、特別に訓練された犬が、水際での摘発に活躍している。

■日本に入国する際に動物の肉や果物類を持ち込む事は禁止されていることを知っているか、外国人観光客に聞いてみると知らない観光客もいた。

■実は動物の肉や卵、果物などの日本への持ち込みは法律で禁止されている。これは日本でも猛威をふるった口蹄疫(こうていえき)や、鳥インフルエンザのウイルスのほか、害虫などが食べ物に付着している可能性があるからだ。

■羽田空港の検疫所では多くの食品が没収されていた。今年に入って、1日で約300キロを没収した日もあるなど、訪日外国人の増加とともに没収量も増える傾向にあるという。

■こうした中、水際での摘発に活躍している犬たちがいる。「検疫探知犬」と呼ばれ、羽田空港には4匹配備されている。

■探知犬のダブ君はターゲットを探して手荷物受取所にやってきた。すると早速、何かを見つけたようだ。荷物の横に座るのは食べ物を発見した時の合図。鞄の持ち主は中国人の女性。持ち込みが禁止されている「果物」と「卵」を持ち込んでいた。

■中には肉などを所持している事をなかなか認めない人もいる。台湾から来た女性の荷物の中から、次々と動物の「肉」が出てきた。しかし悪びれる様子はまったくない。袋には「肉」の表記が。しかし女性はあくまで持ち込みが禁止されていない「魚」だと主張する。結局、成分表示がないため、疑いのあるものは持ち込めないとしてこの食品も没収となった。

■取材した2日間で、没収物は合計130キロ以上もあった。動物検疫所 羽田空港支所の角田次長は「探知犬とも協力して日本に伝染病が入らないように全力を尽くしたいと思います」と話す。東京オリンピックなどを控え旅行客が増える中で、国は今後も探知犬による取り締まりを強化する方針だ。
http://www.news24.jp/articles/2017/08/11/07369631.html

http://archive.is/kThUE
中国から持参の生肉、鳥インフル検出 検疫に限界も【朝日新聞デジタル2017年3月13日】
モバイル遺伝子検査機の開発に成功〜現場に持ち込み、細菌やウイルスを約10分で検出〜 平成29年2月8日プレスリリース(科学技術振興機構(JST)、日本板硝子株式会社、産業技術総合研究所)【プレスリリース2017年2月10日】(鳥インフルエンザ)
<仙台空港>家畜の伝染病侵入 探知犬が防ぐ【河北新報オンラインニュース2016年11月17日】
検疫探知犬 2頭が関空で新たに加入 「ボウ」と「ジャグ」 /大阪【毎日新聞2016年5月26日】(鳥インフルエンザ/既報関連2ソース)
におうぞ!怪しい食べ物 関空で検疫探知犬が活躍【朝日新聞デジタル2016年3月2日】(鳥インフルエンザ)

posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: