2017年09月09日

日本初南極探検、鮮明に 最古の記録映画修復【産経ニュース2017年9月9日】(ペンギン)

陸上・桐生祥秀が100メートルで日本人初の9秒台 9秒98 
はじめての方も安心のマンツーマン英会話。産経オンライン英会話 [PR]

文字の大きさ 小中大印刷
2017.9.9 11:37

日本初南極探検、鮮明に 最古の記録映画修復

プッシュ通知
探検隊が乗り南極へ向かった「開南丸」。デジタル修復前(上)と修復後の画像(提供写真)
探検隊が乗り南極へ向かった「開南丸」。デジタル修復前(上)と修復後の画像(提供写真)
 1910〜12年に行われた日本初の南極探検の記録映画がデジタル修復され、当時の南極の景色や、隊員たちの生き生きとした表情が鮮明な映像でよみがえった。長編ドキュメンタリー映画としては国内最古といい、秋田県にかほ市の白瀬南極探検隊記念館で9月30日まで上映されている。

 タイトルは「日本南極探検」で、46分のモノクロ無声映画。にかほ市出身の白瀬矗陸軍中尉が隊長を務め、一人の死者も出さずに南極大陸に旗を立てた探検隊の活動を追っており、1912年に初公開された。

 これまでオリジナルフィルムは見つかっておらず、現存するのは複製品のみ。編集が繰り返されたため、黒い点が入り画質が粗くなったり、フレームの位置がずれたりしており、東京国立近代美術館フィルムセンターが平成27年度に修復した。

 映画は、出発から帰国までの1年7カ月を克明に記録。探検隊の支援者だった大隈重信や大勢の群衆が、東京・芝浦で探検隊の船を見送る場面のほか、隊員がペンギンやアザラシと戯れる姿、南極の大雪原などが収められている。

 記念館の担当者は「当時、南極探検は宇宙に行くようなものだった。貴重な機会なのでぜひ見に来てほしい」と話している。
http://www.sankei.com/life/news/170909/lif1709090018-n1.html

南極探検 日本初隊員の表情が鮮明に 最古の記録映画修復【毎日新聞2017年8月17日】
探検隊が乗り南極へ向かった「開南丸」。デジタル修復前(上)と修復後の画像=共同
 1910〜12年に行われた日本初の南極探検の記録映画がデジタル修復され、当時の南極の景色や、隊員たちの生き生きとした表情が鮮明な映像でよみがえった。長編ドキュメンタリー映画としては国内最古といい、秋田県にかほ市の白瀬南極探検隊記念館で9月30日まで上映されている。

 タイトルは「日本南極探検」で、46分のモノクロ無声映画。にかほ市出身の白瀬矗(のぶ)陸軍中尉が隊長を務め、一人の死者も出さずに南極大陸に旗を立てた探検隊の活動を追っており、1912年に初公開された。

 これまでオリジナルフィルムは見つかっておらず、現存するのは複製品のみ。編集が繰り返されたため、黒い点が入り画質が粗くなったり、フレームの位置がずれたりしており、東京国立近代美術館フィルムセンターが2015年度に修復した。

 映画は、出発から帰国までの1年7カ月を克明に記録。探検隊の支援者だった大隈重信や大勢の群衆が、東京・芝浦で探検隊の船を見送る場面のほか、隊員がペンギンやアザラシと戯れる姿、南極の大雪原などが収められている。

 記念館の担当者は「当時、南極探検は宇宙に行くようなものだった。貴重な機会なのでぜひ見に来てほしい」と話している。

 入館料は一般300円、小中学生200円。休館日は毎週月曜(8月21日と9月18日を除く)と9月19日。(共同)
https://mainichi.jp/articles/20170817/k00/00e/040/149000c

日本初南極探検、鮮明に 最古の記録映画修復【産経フォト2017年8月12日】
 1910〜12年に行われた日本初の南極探検の記録映画がデジタル修復され、当時の南極の景色や、隊員たちの生き生きとした表情が鮮明な映像でよみがえった。長編ドキュメンタリー映画としては国内最古といい、秋田県にかほ市の白瀬南極探検隊記念館で9月30日まで上映されている。

 タイトルは「日本南極探検」で、46分のモノクロ無声映画。にかほ市出身の白瀬矗陸軍中尉が隊長を務め、一人の死者も出さずに南極大陸に旗を立てた探検隊の活動を追っており、1912年に初公開された。

 これまでオリジナルフィルムは見つかっておらず、現存するのは複製品のみ。編集が繰り返されたため、黒い点が入り画質が粗くなったり、フレームの位置がずれたりしており、東京国立近代美術館フィルムセンターが2015年度に修復した。

 映画は、出発から帰国までの1年7カ月を克明に記録。探検隊の支援者だった大隈重信や大勢の群衆が、東京・芝浦で探検隊の船を見送る場面のほか、隊員がペンギンやアザラシと戯れる姿、南極の大雪原などが収められている。
http://www.sankei.com/photo/daily/news/170812/dly1708120004-n1.html

秋田)白瀬中尉の記録フィルム、鮮明に にかほで上映会【朝日新聞デジタル2017年8月19日】
修復される前の映像の一コマ。出発式での白瀬矗(手前中央)と大隈重信(右、白瀬南極探検隊記念館提供)
写真・図版
[PR]
 にかほ市出身の白瀬矗(のぶ)・陸軍中尉(1861〜1946)が率いた南極探検隊の記録映像がデジタル技術で復元された。日本最古の長編記録映画とされる貴重な映像で、解説を交えた上映会が19、20日、同市黒川の白瀬南極探検隊記念館で開かれる。

 上映される映像は1912年に制作された「日本南極探検」の復元版(49分)。出発前の樺太犬の犬ぞり訓練や後援会長だった大隈重信が出席した出発式、南極での探検隊やペンギンの様子、そして帰国までが記録されている。音声は付いていない。

 東京国立近代美術館などの調査で10年ほど前、探検隊の支援者だった男性の遺族がオリジナルフィルムを複製したポジフィルム(5巻、計851メートル)を所有していることがわかった。同館が2015年度に最新のデジタル技術でフィルムを修復し、当時の色調に染色したデジタル復元版を完成させた。

 白瀬南極探検隊記念館の石船清…

残り:222文字/全文:597文字
http://www.asahi.com/articles/ASK8K3S61K8KUBUB002.html

http://archive.is/Gwc3q
http://archive.is/BuPII
http://archive.is/R4eGh
http://archive.is/KKeRH
<白瀬矗>南極探検記録映画をデジタル復元【河北新報オンラインニュース2017年7月17日】
100年前の南極隊、雄姿復元 日本最古の長編記録映画【朝日新聞デジタル2016年11月21日】

posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: