2017年08月21日

【栃木】すくすく スバールバルライチョウのひな 那須どうぶつ王国が公開【東京新聞2017年8月21日】

すくすくと成長している4羽のスバールバルライチョウのひな=那須町で(那須どうぶつ王国提供)

 国の特別天然記念物ニホンライチョウの人工繁殖に取り組んでいる那須どうぶつ王国(那須町)は、近縁亜種のスバールバルライチョウの、ひなの一般公開を始めた。
 那須どうぶつ王国で飼育しているつがいが産んだ卵から七月八〜三十日に誕生した十一羽。今月十四日から「保全の森」という施設内で展示している。餌をついばんだり跳びはねたりする様子を間近で見られる。
 十七日現在で体長一〇〜二〇センチ、体重三五〜二一〇グラムで、すくすくと成長しているという。
 那須どうぶつ王国は一昨年にスバールバルライチョウの飼育を始め、経験を積んだ上で、今年初めてニホンライチョウの人工繁殖に取り組んでいる。大町山岳博物館(長野県大町市)から卵一個を受け入れ、七月二十三日にふ化したメスのひなが順調に育っている。
 二つのライチョウの見た目は「見分けるのが難しいほど似ている」と那須どうぶつ王国の担当者。ニホンライチョウは防疫上の理由などから公開されないが、「スバールバルライチョウを見て、ニホンライチョウのことを考えてもらえたらうれしい」と来園を呼び掛けている。 (高橋淳)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201708/CK2017082102000160.html
「スバールバルライチョウ」ひな公開 話題のニホンライチョウの近縁亜種 那須どうぶつ王国【下野新聞SOON2017年8月15日】
石の上に飛び乗ったり、辺りをキョロキョロと見回したりする姿が愛らしいスバールバルライチョウのひな

 【那須】国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む那須どうぶつ王国は14日から、ライチョウの存在や生態を広く知ってもらおうと、近縁亜種「スバールバルライチョウ」のひなの一般公開を始めた。

 同園では3年前からスバールバルライチョウの繁殖に取り組み、現在は6羽の成鳥を飼育する。7月に11羽のひなが誕生。ひなはふ化時約15グラムだったが、現在は体長約20センチ、重さ約30グラムほどに成長した。

 公開されている「保全の森」では、展示スペース内を元気に走り回っている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170815/2782046

栃木)スバールバルライチョウのひな公開 那須で11羽【朝日新聞デジタル2017年8月16日】
スバールバルライチョウのひな。大きさは違うがみんな元気=那須どうぶつ王国提供

 国の特別天然記念物・ニホンライチョウの人工繁殖に取り組む那須町の那須どうぶつ王国では、近縁亜種のスバールバルライチョウのひな11羽を一般公開している。

 同園では2015年から、繁殖が難しいライチョウの飼育技術を確立するため取り組みを開始。今年は7月8日から同30日にかけて孵化(ふか)したひな11羽が順調に生育している。

 ひなは「保全の森」のスペースで展示。エサをついばんだり、走り回ったり元気な様子が間近で見られる。成鳥はメス4羽、オス2羽を飼育している。ニホンライチョウのひな1羽は孵化から3週間たっているが、一般公開は行わないため、スバールバルライチョウを見学して楽しんでもらいたいという。

 また、がま口のようなくちばしが特徴で、愛嬌(あいきょう)のある表情に見えるオーストラリアガマグチヨタカのオスとメスの2羽も「熱帯の森」で初展示を始めた。(矢鳴雄介)
http://www.asahi.com/articles/ASK8H52RYK8HUUHB00G.html

「ライチョウ」ひな、7月誕生11羽公開 栃木【産経ニュース2017年8月23日】
 那須どうぶつ王国(那須町大島)で、スバールバルライチョウのひなが公開されている。同園が人工繁殖に取り組むニホンライチョウ(特別天然記念物)に近い種で、ニホンライチョウの飼育・繁殖技術の確立を目的に平成27年から飼育している。現在、成鳥はメス2羽、オス4羽。

 公開されているひなは7月に誕生した11羽で、孵化(ふか)した当時は16グラム前後だった体重は今月上旬には約30グラムに成長。餌をついばんだり走り回ったりする様子を間近で見ることができる。問い合わせは同園(電)0287・77・1110。
http://www.sankei.com/region/news/170823/rgn1708230023-n1.html


http://archive.is/JPDW9
http://archive.is/mnqvz
http://archive.is/e6nMT
http://archive.is/c6KUa

ライチョウひなはメス 生育順調「一番の危険期超えた」 那須どうぶつ王国【下野新聞SOON2017年8月9日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: