2017年08月16日

ホオノキの実接触で1900戸停電…鳥置いた?【読売新聞2017年8月16日】

 15日午前10時半頃、長野県軽井沢町追分の電柱上にある変圧器にホオノキの実(長さ10センチ、幅4センチ)が接触した影響で、同町と御代田町の一部、計約1900戸が最長で約1時間停電した。

 中部電力の担当者は「ホオノキの実が停電につながることは珍しい」と話している。

 中部電力によると、異常を感知する変圧器の充電部に実が接触したため、停電した。電柱の近くにホオノキの木はないため、同社は、実は鳥がくわえて変圧器の上に置いたか、上から落とすなどしたとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170815-OYT1T50150.html

http://archive.is/qaCw8

タグ:事件事故
posted by BNJ at 11:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: