2017年08月25日

迷いインコ飼い主さんどこ? にぎやかな“珍客”大浦署保護 [長崎県]【西日本新聞2017年8月25日】

署員が優しく保護している迷いインコ

 大浦署が、長崎市内で迷子になったインコを「拾得物」として保護している。インコは署にあった鳥かごの中でさえずりを響かせ、署員たちは「かわいい」「鳴き声が新鮮」と温かく見守っている。

 署によるとインコは23日午後4時ごろ、同市平山町の60代女性宅に飛んできた。女性は近所で飼い主を捜したが該当者はおらず、同日夕に署に届けた。女性は「自宅に犬がいるのでインコは飼えない」と話し、餌持参でインコを署に託したという。

 セキセイインコとみられ、頭が黄色で胸から腹部は黄緑色。24日夕時点で飼い主は不明のままだ。落とし物係の松尾夏帆さん(23)は、仕事場が“珍客”でにぎやかになったとはいえ「飼い主が現れて戻るのが一番いいけれど…」。署はインコを3カ月間預かり、飼い主が現れなければ小鳥好きの署員が引き取る方向で検討する。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/353353/

http://archive.is/7Ge6d

posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: