2017年08月26日

(ののちゃんのDO科学)魚はなぜ背が黒く腹が白いの?【朝日新聞デジタル2017年8月26日】(ペンギン)

多(おお)くの魚(さかな)の背中(せなか)が黒(くろ)っぽくておなかが白(しろ)っぽいのはなぜ?
 魚(さかな)はなぜ背(せ)が黒(くろ)く腹(はら)が白(しろ)いの?

 愛知県・高橋純太(たかはしじゅんた)さん(小5)からの質問

 ■目立(めだ)たなくして敵(てき)から隠(かく)れるの

 ののちゃん 近所(きんじょ)の用水路(ようすいろ)で魚(さかな)とりをしてきたよ。ナマズにフナにブラックバス、たくさん捕(つか)まえたんだけど、どれも背中(せなか)が黒(くろ)っぽくて、おなかが白(しろ)っぽい色(いろ)をしてたんだ。

 藤原先生 おもしろいことに気(き)づいたね。色にはちゃんとした意味(いみ)がある、と言(い)われているの。体(からだ)を目立(めだ)たなくして、エサにする小魚(こざかな)や、襲(おそ)ってくる敵(てき)から隠(かく)れるためよ。

 のの どうして目立たないの?

 先生 上(うえ)から水(みず)の底(そこ)のほうを見下(みお)ろすと、黒っぽい色をしていることが多(おお)いでしょ。岩(いわ)とか泥(どろ)は暗(くら)い色だし、深(ふか)いところだと光(ひかり)も届(とど)きにくくなるからね。背中を上にして泳(およ)ぐ魚を上から見ると、この色にまぎれて目立ちにくいの。

 のの なるほど! じゃあ、おなかが白っぽいのは?

 先生 水面(すいめん)を下から見上(みあ)げると、太陽(たいよう)の光が差(さ)し込(こ)んで明(あか)るい色に見えるよね。白いおなかを下にして泳ぐ魚を下から見ると、やっぱりこの色にうまく溶(と)け込むのよ。

 のの ということは、川(かわ)の魚だけじゃないんだよね?

 先生 もちろん。マグロやサンマやサバ。同(おな)じような色分(わ)けになっている種類(しゅるい)は、ののちゃんがよく食(た)べる魚にもたくさんいるよ。スーパーに行(い)ったら、鮮魚(せんぎょ)売(う)り場(ば)で確(たし)かめてみるのも楽(たの)しいかもしれないね。

 のの やってみる!

 先生 深海(しんかい)に住(す)んでいる魚には、もうちょっと手(て)の込んだことをしている仲間(なかま)もいるよ。たとえばハダカイワシという魚は、おなかにある「発光器(はっこうき)」から青白(あおじろ)い光を出(だ)すんだけど、これは水面から届いた弱(よわ)い光に溶け込むためなの。周(まわ)りの明るさに合(あ)わせて光の量(りょう)を調節(ちょうせつ)できるとも言われているんだって。わたしがお酒(さけ)のつまみにしているホタルイカが光るのも、これと同じね。

 のの ということは、魚以外(いがい)にもあてはまるルールなの?

 先生 そうよ。たとえばペンギンは背中が真(ま)っ黒でおなかが白いでしょ。身(み)を隠すだけじゃなく、エサにしている魚の群(む)れを追(お)い込むとき、くっきりしたツートンカラーの体(からだ)をヒラヒラさせて脅(おど)かす、という別(べつ)の役割(やくわり)もあると言われてるけどね。

 のの もしもの話(はなし)だけど、おなかを上にして泳ぐ魚がいたら、色も逆(ぎゃく)になってたりして。

 先生 アフリカにいるサカサナマズという魚は、まさにそれ。上側(がわ)になるおなかは黒くて、背中のほうがもっと薄(うす)い色なのよ。

 のの へー! でも、ぜんぜん違(ちが)う模様(もよう)の魚も、たくさんいるよね。

 先生 南(みなみ)の海にいる魚はとくにカラフルなものが多いよね。たくさんの種類の魚が暮(く)らすサンゴ礁(しょう)では、それぞれ個性(こせい)を出すことでお互(たが)いを見分けているんじゃないか、という説(せつ)もあるらしいの。でも、はっきりした理由(りゆう)はわかっていないのよ。(取材協力=葛西臨海水族園の多田諭さん、構成=小宮山亮磨)

     ◇

 NIE教育に新聞を www.asahi.com/edu/nie
http://www.asahi.com/articles/DA3S13100673.html

http://archive.is/NNyOq

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: