2017年08月29日

野鳥展 「焦げ」で描く 与謝野、来月3日まで /京都【毎日新聞2017年8月29日】

西原信明さんが描く野鳥たち。動き出しそうな迫力がある=京都府与謝野町加悦の旧尾藤家住宅で、安部拓輝撮影
 与謝野町加悦の旧尾藤家住宅で野鳥展が開かれている。同町与謝の西原信明さんが電気ごてで木の板に焦げ跡の濃淡をつけて描いた作品。町内に生息する珍しい鳥たちがリアルに描かれている。与謝野町が発行する「うちのまち」6月号の野鳥特集も配布している。9月3日まで。

 入館料200円(小中学生は半額)。【安部拓輝】

〔丹波・丹後版〕
https://mainichi.jp/articles/20170829/ddl/k26/040/518000c

バーニングアートで野鳥リアルに 京都・与謝野の男性が作品展【京都新聞2017年8月31日】
野鳥たちが見せるさまざまな表情や姿をバーニングアートで描いた西原さん(与謝野町加悦・旧尾藤家住宅)
 京都府与謝野町で見ることができる野鳥を、電気ごてを使って木板に焼き目を付ける「バーニングアート」で描いた西原信明さん(65)=同町与謝=の作品展が、同町加悦の旧尾藤家住宅で開かれている。9月3日まで。

 趣味のバードウオッチングをきっかけに約10年前から始めた。岩場に留まって鋭い眼光を見せるハヤブサやあどけない表情のコミミズク、メジロが花の蜜をついばむ様子など約40点を展示。温度と焼き加減を調整する緻密な作業を繰り返し、脚のウロコや羽模様まで細かく表現している。

 西原さんは「町にやってくる鳥たちに興味を持ってもらえたら」と話す。午前9時〜午後5時。要入館料。
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170831000039

http://archive.is/K1w2H
http://archive.is/KxIeO

posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: