2017年08月31日

<楽天>鳥の大群 チーム救う?中断、再開 4点差追い付いた!【河北新報オンラインニュース2017年8月31日】(他多数)

球場内に飛来し、低空で旋回する野鳥の群れ=2017年8月30日午後9時50分ごろ、仙台市宮城野区のコボパ宮城
 仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)で30日夜に行われたプロ野球の東北楽天−西武で、降雨のため試合が中断中にグラウンドに野鳥の群れが飛来し、プレーが再開できない珍事があった。
 鳥の群れは午後9時半ごろに飛来し、グラウンドすれすれを旋回し始めた。9時45分ごろに雨が上がり、西武ナインが守備位置に就いても群れは去らず、選手が身をかがめて避けるような状況に。
 球場係員が追い掛けたり、笛を鳴らしたり、花火を上げたり、ドローンを飛ばしたりして追い払おうとしたが、効果なし。最後は球場の照明灯を落として真っ暗にすると、飛来から約30分後に飛び去り、ようやくゲームが再開された。再開後の八回裏、東北楽天は4点差を追い付き、試合を引き分けに持ち込んだ。
 鳥はチドリの仲間とみられる。東北楽天の梨田昌孝監督は「現役時代を含めて初めての経験。ちょっとびっくりした。見た人も忘れられないでしょう」と驚いた様子だった。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201708/20170831_14028.html

プロ野球 過酷な環境を味方に 楽天引き分け【毎日新聞2017年8月31日】
 △楽天8−8西武△(コボパーク宮城・30日)

 降雨と鳥の飛来の影響で58分間の中断を挟んだ波乱の一戦は、楽天が粘って引き分けに持ち込んだ。前夜までの6連敗で3位陥落の危機に追い込まれていた梨田監督は「負けなかったことが大きい。心強い」と言った。

 再開後の八回裏、4点を追う楽天が雨脚の強い過酷な環境を味方につけた。西武の4番手・シュリッターが雨の影響から制球を乱したところを、攻めた。

 2死から安打と2四球で満塁を作り、1番・オコエが「ノリにノってフルスイングした」と、直球を右翼線に落とす2点適時二塁打とした。なおも2死二、三塁から、けがから前日に復帰したばかりの岡島が「真っすぐに絞っていた」と狙い通りに直球を中前に運ぶと、オコエが二塁から快足で一気に生還し同点に。この回が終わると再び雨脚が強まって5分中断。その末に降雨コールドとなった。

 梨田監督は「よく粘った」とたたえたが、手放しには喜べない。先発・美馬は5回5失点で打線の4点の援護を生かせなかった。六回には嶋が捕逸で振り逃げを許し、2番手・高梨が山川に3ランを浴びるきっかけを作った。打線も五〜七回は無得点。中断などがなければ、展開は違っていたかもしれない。

 3位西武との0.5ゲーム差は変わらない。「流れが変わるきっかけにならないといけない。明日(31日)につなげたい」と梨田監督。3連戦の最終戦こそ勝利を狙う。【谷口拓未】

https://mainichi.jp/articles/20170831/k00/00m/050/154000c

野鳥乱入、楽天に味方 中断後、一気に追いつく 楽天8―8西武 プロ野球【朝日新聞デジタル2017年8月31日】
<球場を占拠、ドロー呼ぶ> 鳥の大群が飛来し、しゃがみ込む西武の秋山
写真・図版
 ■セーフアウト

 「水入り」ならぬ「鳥入り」? 想定外の中断が、2位と3位による直接対決の流れを一変させた。

 午後9時19分、4点をリードしていた西武が八回の攻撃を終えると、試合は雨のため中断した。両軍の選手がベンチに引き揚げ、観客も雨宿りでスタンドから姿を消した。すると、どこからか野鳥の群れがログイン前の続き飛来。内外野を問わず球場内で旋回しつづけた。

 雨が小康状態になった午後9時40分過ぎ、再開に向けグラウンド整備が始まり、西武の選手たちも守備位置へ。ところが鳥の群れは、西武の選手を襲うかのように飛び続けた。係員が電子ホイッスルを持って追い掛けたがダメ。さらに花火まで上げたが効果はなかった。午後9時50分過ぎ、とうとう照明を消して球場は真っ暗に。ようやく鳥たちは姿を消した。

 試合再開は午後10時17分。鳥が去るのを待っている間に雨は本降りになり、ぬかるんだ足元に西武・シュリッターの投球が乱れる。2四球などで2死満塁からオコエに右翼へ2点二塁打。なお二、三塁で岡島に同点の中前2点適時打を許した。

 鳥による中断は両リーグを通じて4度目の珍事。「鳥の(対策に要した)時間。その間に投手は何回も肩を作っている」と、2位浮上を逃した西武の辻監督はぶぜん。一方、楽天の16年目のベテラン細川は、「白い鳥だったから、苦しい状況のチームに何かを持ってきてくれると思っていた」と、思わぬ同点劇ににやりとしていた。(松沢憲司)

 

 【西武】       打  安 点  本    率

<遊>  源田     5  0 0 (3).263

<指>  森      4  1 0 (1).385

 打指  メヒア    0  0 0(18).245

 走指  水口     0  0 0    .280

<中>  秋山     4  3 0(21).331

<二>  浅村     5  2 2〈16〉.308

<一>  山川     4  2 3〈13〉.286

<右>三 外崎     4  2 0(10).250

<三>  呉念庭    4  2 1    .273

 右   木村文    0  0 0 (2).199

<捕>  岡田     3  1 2    .191

<左>  金子侑    4  0 0 (5).293

振 球 犠 併  残  :  : :

8 5 0 2 10 37 13 8    .262

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【楽天】      打  安 点  本    率

<右> オコエ    4  2 2 (2).323

<左> 岡島     4  1 2 (3).273

<三> ウィーラー  4  1 0(26).267

<指> ペゲーロ   5  1 2〈24〉.300

<二> 銀次     4  2 0 (3).298

<中> 島内     4  1 0(12).261

<一> 枡田     3  0 0 (1).203

<捕> 嶋      2  1 1 (3).210

 打  アマダー   1  1 0(18).242

 走  中川     0  0 0    .143

<遊> 茂木     2  0 0(15).296

振 球 犠 併 残  :  : :

3 6 1 1 8 33 10 7    .258

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

投手     回      打  安 振 球 責

岡本     5     25  6 3 2 1

牧田     1      3  0 0 1 0

武隈     1      3  0 0 0 0

シュリッター   2/3  8  4 0 3 4

野田       1/3  1  0 0 0 0

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

美馬     5     27 10 6 3 5

高梨     1      6  2 1 0 0

久保     1      3  0 0 0 0

浜矢     1      6  1 1 2 0

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<三>呉念庭

<二>銀次 外崎 岡田 オコエ

<盗>秋山(13) 外崎(19) 呉念庭(1) 嶋(2)

<失>秋山 呉念庭

<逸>嶋

<暴>美馬

3時間47分
http://www.asahi.com/articles/DA3S13110335.html

楽天―西武戦、鳥の群れが舞い込み試合中断【読売新聞2017年8月31日】
 コボパーク宮城(仙台市)で30日に行われたプロ野球の楽天―西武戦の八回、鳥の群れが球場に舞い込み、試合が一時中断する珍事があった。

 午後9時20分頃、降雨により試合が中断したのと前後して、数十羽とみられる鳥の群れがグラウンド上を旋回。程なく雨が弱まったことから、西武の野手が守備に就こうとしたものの、選手の周りを鳥が飛びかい続けた。花火を打ち上げても鳥の群れは去らず、ナイター照明も消灯。これでようやく鳥の群れは姿を消し、58分間の中断で試合は再開した。

 鳥の襲来による中断は、パ・リーグでは1976年6月4日、南海―太平洋(大阪)以来。セ・リーグでは71年4月の広島―中日(広島市民)、58年9月の巨人―大洋(後楽園)の例がある。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20170830-OYT1T50157.html

珍事! 鳥の大群襲来で試合中断 照明消し追い払う【産経ニュース2017年8月31日】
鳥の大群がグラウンドを低空で旋回し、身をかがめて避ける西武のシュリッター投手 =30日、仙台市のKoboパーク宮城
 Koboパーク宮城(仙台市宮城野区)で30日に行われたプロ野球の楽天−西武戦で、鳥の大群が襲来したために試合が再開できないハプニングがあった。

 八回表終了後に降雨で中断。グラウンド整備が終わり、西武ナインが守備に就いたが、鳥の大群がグラウンドを低空で旋回しながら飛び、選手らが身をかがめて避けるなどプレーできる状況ではなかった。

 球場係員が追い掛け、その後には花火を打ち上げたが効果なし。最後は照明を一度落として球場内を暗くして追い払ったが、試合再開が大幅に遅れた。
http://www.sankei.com/sports/news/170831/spo1708310002-n1.html

76年大阪球場も照明消して追い出す/鳥の中断メモ【日刊スポーツ2017年8月31日】
楽天対西武 鳥の大群を追い払うため照明が消された(撮影・野上伸悟
<楽天8−8西武>◇30日◇Koboパーク宮城

 楽天−西武20回戦(Koboパーク宮城)は、楽天が4点ビハインドの8回裏開始前に、降雨のために中断。同時に鳥の群れがグラウンドに現れ、縦横無尽に飛び回った。雨も弱まりグラウンド整備が完了後も、複数の群れを作って旋回を続けた。

 ◆鳥の中断 76年6月4日、大阪球場で行われた南海−太平洋戦の6回、数十羽の鳥の群れが球場内を旋回。午後8時26分からナイター照明を消して追い出し、試合が8分間中断した。他に58年9月13日巨人−大洋戦(後楽園)で7分、59年9月2日大毎−東映戦(後楽園)で9分、71年4月29日広島−中日戦(広島)が9分、渡り鳥の襲来で中断している。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1880317.html

鳥襲来で照明消す珍事 過去には蛇が設備に入り込み照明が消えるアクシデントも【デイリースポーツ2017年8月31日】
 「楽天8−8西武」(30日、Koboパーク宮城)
 鳥の集団がグラウンド上を飛び回り照明を落として試合再開が遅れる珍事が起きた。過去には停電や故障などで照明が消えた例は数多くある。
 中でも珍しいのは蛇が照明設備に入り込み照明が消えるハプニングもあった。35年前の1982年7月8日、岡山県営球場で行われた広島−阪神戦だ。七回表の阪神の攻撃中、広島・古沢憲司投手が先頭の佐野仙好外野手へカウント3−2から6球目を振りかぶって投げようとした瞬間に停電して6基の照明灯が一斉に消えた。
 水銀灯が明るさを取り戻すのを待って18分後に試合が再開された。古沢の6球目は当時の野球規則五・一〇の「プレーの進行中にライトの故障が生じたとき、その瞬間完了されていないプレーは無効とする」に当てはまり、無効となった。
 鳥にまつわる中断は、最近では2016年5月8日、阪神−ヤクルト戦(甲子園)の六回裏、阪神の攻撃中に上空の鳥が魚と思われる異物をグラウンドに落とし撤去のため中断となった。また、1976年6月4日に大阪球場で行われた南海(現ソフトバンク)−太平洋(現西武)戦では、渡り鳥の襲来のために試合が8分間中断している。
https://www.daily.co.jp/baseball/2017/08/30/0010509752.shtml

http://archive.is/bQVgF
http://archive.is/9sSaV
http://archive.is/4Zu3N
http://archive.is/m1tjW
http://archive.is/hvrb7
http://archive.is/Ml4EW
http://archive.is/JX1zc

posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: