2017年09月05日

【栃木】「けものフレンズ」とコラボ 那須どうぶつ王国でスタンプラリー人気【東京新聞2017年9月5日】

園内に展示されているキャラクターのパネル=那須町で(那須どうぶつ王国提供)

 那須町の那須どうぶつ王国で、人気アニメ「けものフレンズ」のコラボレーション企画が人気を集めている。動物が人の姿に変身したかわいらしいフレンズたちが園内にパネルで登場。スタンプラリーなどもあり、一味違った園内を楽しむことができる。 (小川直人)
 「けものフレンズ」は、超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に人の姿のフレンズたちが大冒険する物語。テレビアニメ化され、人気が広がっている。
 那須どうぶつ王国では、レッサーパンダやカピバラ、マヌルネコなど飼育されている動物を中心に十五体のキャラクターパネルがあちこちに展示されている。ポストカードがもらえるスタンプラリーのほか、缶バッジやクリアファイルといった限定のコラボグッズも販売している。
 八月末までだったコラボ企画は十月九日まで延長。コラボグッズは、アルパカ・ワカイヤとパフィンの缶バッジ、3Dクリアファイルが追加販売される。王国の担当者は「コラボ動物の実際の姿も見て楽しんでほしい。珍しい動物も含まれているので、コラボをきっかけに興味を持ってもらえれば」と来場を呼び掛けていた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201709/CK2017090502000161.html

http://archive.is/LRaNG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: