2017年09月05日

コウノトリ今年も飛来 直方、宮若市境の池 [福岡県]【西日本新聞2017年9月5日】

鴨生田上池に飛来した3羽のコウノトリ

 直方市と宮若市の境にある鴨生田上池に国の特別天然記念物のコウノトリ3羽が飛来、野鳥愛好家らがカメラを向けるなど注目を集めている。

 筑豊地区にコウノトリが飛来するのは珍しいが、鴨生田上池には昨年11月下旬に2羽が飛来。1カ月ほど同池にいたが、その後姿を消していた。直方市によると、今回は2日夕から目撃情報があったという。

 昨年の2羽は、足輪の色などからコウノトリの保護増殖、野生復帰に取り組む兵庫県立コウノトリの郷公園が放鳥したものとされていた。今回の3羽も足輪をしており、成鳥1羽は、昨年飛来した2羽のうちの雌らしい。残りの2羽は、同公園で昨春と今春に生まれた幼鳥とみられている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/356059/

コウノトリ 今年も飛来 鴨生田池に3羽 /福岡【毎日新聞2017年9月5日】
鴨生田池に飛来したコウノトリ
 直方市と宮若市の境にある鴨生田池に国の天然記念物、コウノトリが3羽飛来した。昨年11月下旬から年末にかけて2羽が同池に来たのに続く飛来で、3日にはその姿が確認されていた。

 3羽が着けている足環から、兵庫県立コウノトリの郷公園が放鳥した親鳥から生まれた個体らしい。同公園ホームページの足環カタログによると、3羽のうち1羽は昨年も来た雌で、2羽は昨年と今年に生まれた雄とみられる。

 水が少なくなった池は格好の餌場。3羽は水にくちばしを突っ込んで餌を探したり優雅に歩き回ったり。写真撮影しながら3羽を観察していた男性2人は「また来てくれてうれしい」と話していた。【武内靖広】

〔筑豊版〕
https://mainichi.jp/articles/20170905/ddl/k40/040/447000c

http://archive.is/Nk2Gm
http://archive.is/vS97k
コウノトリ鴨生田上池で一休み 特別天然記念物 [福岡県]【西日本新聞2016年11月30日】

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: