2017年09月07日

【探鳥】ツバメチドリ(燕千鳥) 急旋回で飛ぶ【東京新聞2017年9月7日】

 栃木県小山市の田園地帯で1日、急旋回を繰り返して巧みに飛び回るツバメチドリ。飛んでいる姿はまるで大きなツバメのようだ。空中の虫を捕らえているのだろう。群れは4羽。長い時間、休耕田の草陰で翼を休めていた。時々トンボやバッタを捕食。5時間後、やっと数分間飛んでくれた。
 旅鳥または夏鳥として渡来するチドリ目ツバメチドリ科。夏羽はのどが淡い黄白色で、黒い線の縁取りが印象的だ。「クリリ」「キリリ」と鳴く。全長25センチ。
 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2017090702000175.html

http://archive.is/QGkKe

posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: