2017年09月07日

北陸のタカ軍団、11羽と繁華街の害鳥対策に奮闘中【産経WEST2017年9月7日】

北訓練で吉田剛之さんの腕から勢いよく飛び立つタカ=石川県小松市(本人提供)
 翼を広げると約1メートル。威嚇すると福井駅前の繁華街から小鳥が次々に逃げていった。タカを巧みに操るのは石川県小松市の鷹匠、吉田剛之さん(45)だ。平成25年、狩りに使うタカを調教し害鳥を追い払う会社を小松市に設立。深刻化する繁華街の害鳥対策に11羽の相棒と奮闘している。

 17年、福井市のペットショップで野生のハヤブサを保護し、世話をしたのがきっかけで「猛禽類を飼ってみたい」と思うように。翌年米国などに生息するタカをペットとして約30万円で購入した。21年にNPO法人日本放鷹協会(岐阜)へ入会。24年に試験に合格し、協会が定める鷹匠の認定を得た。仲間から「海外で害鳥駆除にタカを使っている」と聞き、「自分もやってみよう」と25年に40歳で脱サラし独立。24年に新たに購入し、今も主力で活躍する「九十九君」とともに起業した。現在「社員」は11羽に増えた。

 タカを飼い始めた当初は、呼んでも帰ってこないことがあったが「思い通りに飛んでくれると心が通じていると感じる」と話す吉田さん。「1600年以上の伝統を誇る鷹匠の技術を後世に残したい」と後継者の育成も視野に入れる。
http://www.sankei.com/west/news/170907/wst1709070036-n1.html

http://archive.is/DgdoQ

ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】
ドローン 迷惑サル撃退、参っタカ 大分・高崎山で試験運用 くちばし・目・悲鳴で脅かす【毎日新聞2017年8月15日】
九州沖縄なう タカで野生ザル追い払い 大分市、農作物被害【佐賀新聞LiVE2016年9月20日】
ムクドリの次は「離れザル」鷹匠が現地調査【OBS大分放送ニュース2016年8月29日】

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: