2017年09月15日

ジェイアール京都伊勢丹に文具店「銀座・伊東屋」 限定商品も【烏丸経済新聞2017年9月15日】(舞妓(まいこ)姿の野鳥イラストを箔(はく)押し)

オープン初日はレジに行列ができていた

 ジェイアール京都伊勢丹10階に9月6日、文房店「伊東屋 京都店」(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町、TEL 075-748-1411)がオープンした。

万年筆コーナー

 同社は1904(明治37)年に創業し、関西では梅田や西宮に展開。京都は初出店となる。同社広報室の明石麻衣さんによると、京都出店は10年ほど前から検討を進めていたという。店舗面積は関西最大規模となる約108坪で、取扱商品数は約2万5000点。万年筆などの高級筆記具は、本店でも扱う希少品など約1000点をそろえる。

 限定商品として、千鳥型に抜かれたバゲージタグ(756円)や、同店キャラクター「まろ犬」こと養犬勝麻呂(いぬかいかつまろ)をモチーフにしたピンバッジ(540円)や御朱印帳(1,620円)を用意。同社別製の「測量野帳(そくりょうやちょう)」(411円)に、舞妓(まいこ)姿の野鳥イラストを箔(はく)押しするサービス(540円)も提供。9月26日までは箔押しは無料。

 明石さんは「東京から来たばかりの店でまだ知られていないので、京都の街に少しずつ溶け込み、皆さまに知ってもらえるなじみの店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は10時〜20時。
https://karasuma.keizai.biz/headline/2915/

http://archive.is/K20xj

posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: