2017年09月15日

自然界 色とりどり 高砂淳二さん写真展◇大阪・北区【読売新聞2017年9月15日】

作品への思いを語る高砂さん(大阪市北区で)=河村道浩撮影

 世界各地の動物の愛らしいしぐさや、植物の造形美などをとらえた自然写真家・高砂淳二さんの写真展「LIGHT on LIFE」が、大阪市北区のニコンプラザ大阪「THE GALLERY」で開かれている。

 向かい合ってハイタッチをしているような2頭のホッキョクグマ、虹色の羽を輝かせるヒノドハチドリ、夜空に浮かぶ天の川の下で寝静まるジェンツーペンギンの群れなど、色彩豊かな作品56点を展示している。

 パラオでは新月の日を選んで夜の海を撮影。宇宙空間のような漆黒の水中を漂う甲殻類のタルマワシは、「エイリアン」のようにも見える。高砂さんは「自然の美しさ、地球上のひとつひとつの命の輝きを感じ取ってもらいたい」と話す。

 27日まで(日曜休館)。入場無料。23日午後3時からは高砂さんのトークショーも開かれる。問い合わせは同プラザ(06・6348・9698)へ。同タイトルの写真集(税込み2592円)も発売されている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20170914-OYTNT50298.html

http://archive.is/i1C2d

posted by BNJ at 11:06 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: