2017年09月16日

絶滅危機のハヤブサ、高層ビルが救う?街で子育て増加中【朝日新聞デジタル2017年9月16日】

ホテル上層階のベランダに産んだ卵と親のハヤブサ。砂利はホテル側が用意した(2011年3月26日、大阪府泉大津市、泉大津ハヤブサ・サポート倶楽部提供)

 海岸のがけに生息し、猛スピードで獲物を捕らえるハヤブサ。絶滅危惧種の猛禽(もうきん)類が、高層ホテルや団地、オフィス街を新たなすみかにしている。関西や北陸ではこの10年で少なくとも、100羽以上がビルで孵化(ふか)した。街育ちは絶滅の危機を救えるのか?

 大阪湾に近い大阪府泉大津市の20階建てホテル。高層階で4月に生まれたハヤブサの幼鳥がその翌月、ベランダからうまく飛び立てず、駐車場に落ちた。

 保護のための観察を続ける市民グループ「泉大津ハヤブサ・サポート倶楽部(クラブ)」のメンバーが毛布で抱え、ベランダへ。メンバーの阪上幸男さん(69)は「近くに高速道路があり、車の往来も激しい。巣立つまで見守ります」。ホテルでは2004年からこれまで、計37羽が孵化している。

 和歌山市の和歌山城前にあるオフィス街では、14階建てビルの屋上にある植栽用プランターから、9年間で26羽がかえった。日本野鳥の会和歌山県支部幹事の上野憲三さん(68)は「ひなの顔を見るのが楽しみ」。京都市伏見区のUR都市機構の団地でも10年以上前から姿を見せ、住民男性(75)は「団地の屋上で幼鳥がバタバタしていた」と驚きを隠せない。大阪府八尾市ではごみ焼却工場の煙突で09年から孵化を始め、今年は4羽が巣立った。

 北陸も多い。石川県庁の庁舎で17羽、新潟県庁舎で6羽が孵化。福井県自然保護センターの松村俊幸所長によると、金沢駅周辺の高層ビルでも02年から30羽以上が巣立った。金沢生まれのハヤブサが直線で約250キロ離れた新潟県庁で巣を作ったことが、脚につけたリングで確認された。

 主に海岸のがけ地で繁殖していたハヤブサは、飼育や剥製(はくせい)にするための乱獲などにより、1991年の環境庁編レッドデータブックで、絶滅の危険が増大している種に指定された。02年版は絶滅危惧U類に指定。国内に生息するのは700〜1千羽と推定した。海岸や湿地の開発、道路工事によるがけの消失などが生息に悪影響を及ぼすと指摘。がけの落石防止措置が影響したとみる研究者もいる。

■現代の都市、えさが豊富

 なぜハヤブサは都市に進出したのか――。

 兵庫県立大の江崎保男教授(生態学)は「この半世紀で街に高層の建物が増えた。人が新たな生息環境をつくると動物はそこへ進出を試みる。現代の都市は、ドバトやムクドリなどえさも豊富だ」と話す。ロンドンやニューヨークでもハヤブサ進出の報告がある。

 ただ、ハヤブサへの対応は様々だ。日本国内では、卵が安定するようベランダに砂利を敷いたビルがあれば、産卵の翌年、防鳥用ネットを張ったビルもある。

 大阪市立自然史博物館の和田岳・主任学芸員は「ハヤブサは生息密度が低く、ごみを荒らすなど人に迷惑をかけることは少ない。都市部で鳴き声による騒音やふんが問題視されることの多いムクドリなどを食べるので、むしろ歓迎されるのでは」と話す。

 写真集「森のハヤブサ ナニワの空に舞う」を出した自然写真家の与名正三さん(65)=奈良県生駒市=は「ハヤブサが厳しい自然の中ですめる環境を守ることこそ、人の役目と思う。野生への影響を抑えるために、手助けは必要最小限に」とアドバイスする。(村上潤治)

     ◇

 〈ハヤブサ〉 カラスほどの大きさで、飛ぶ鳥を高速で飛行して捕らえる。目の周りや脚は黄色で、ほおにひげ状の黒斑がある。2月ごろから繁殖行動を始め、3〜4月ごろ複数の卵を海岸のがけの岩棚などに直接産む。ヒナは親の縄張りで狩りを覚え、独り立ちする。
http://www.asahi.com/articles/ASK917DPBK91PTIL02T.html

http://archive.is/TOf0x
石川県庁で4年連続ひな ハヤブサ 5羽巣立つ【中日新聞2017年6月8日】
ハヤブサ 子育て数日おきに公開 県HPで /石川【毎日新聞2017年5月26日】
県庁ハヤブサ子だくさん【北國新聞2017年4月25日】
県庁で5羽のハヤブサ誕生=石川〔地域〕【時事ドットコム2016年5月2日】

ハヤブサ リゾートホテル生まれです ひな2羽、泉大津ですくすく /大阪【毎日新聞2017年5月13日】
街育ちの猛禽類 ハヤブサ仲間「チョウゲンボウ」【YOMIURI ONLINE2015年7月7日】
ハヤブサ:今年も可愛いヒナ誕生 泉大津の高層ホテル /大阪【毎日新聞2015年4月15日】

タグ:ハヤブサ
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: