2017年09月17日

本物そっくり鳥の彫刻 三重・四日市で展示【伊勢新聞2017年9月17日】

【キセキレイの親子と、制作者の小松さん(左)=四日市市安島の山画廊で】
【四日市】本物そっくりに仕上げた鳥の彫刻を集めた「バードカービング展―おしゃべりな鳥たち」が三重県四日市市安島の山画廊で開かれている。24日まで。19日は休み。

バードカービングを手掛ける津市豊が丘の小松康成(やすまさ)さん(76)が、キセキレイやコゲラ、スズメ、ミソサザイなど15種類の鳥の彫刻を1点ずつ出品した。このうち、子育て中の親子をテーマにした作品が2点あり、親鳥がヒナに口移しでエサを与える姿をリアルに再現している。このほか、木彫りのペンダントも並ぶ。

会場では、名古屋市の版画家猪飼正さん(81)の銅版画展も同時開催していて、メジロやフクロウ、エナガなど7種類の鳥をテーマにした銅版画約40点を展示している。
http://www.isenp.co.jp/2017/09/17/7656/

http://archive.is/I8gEw

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: