2017年09月21日

ペット野生化、離島の希少動物被害 動物学者ら国に対策要望 福岡【産経ニュース2017年9月21日】

鹿児島県の奄美大島で、猫に食べられたアマミノクロウサギ=平成20年6月(環境省奄美野生生物保護センター提供)
 鹿児島・奄美大島など離島で生息する希少動物が、ペットから野生化した猫に捕食されるなどの被害を受けているとして、動物学者らによる「外来ネコ問題研究会」が、環境省に早期の保全対策を要望した。国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアマミノクロウサギなどが、被害を受けているという。

 研究会や環境省によると、鹿児島県の奄美大島と徳之島のみに生息するアマミノクロウサギは最近、猫に捕食されるなどして生息域が分断されている。

 また、長崎・対馬では、野生化した猫からツシマヤマネコへの感染症が確認されている。こうした被害は、約10の離島で確認されたという。

 要望書は、去勢されていない猫が放し飼いとなって繁殖し、野生化して感染症を媒介したり、野鳥などの捕食につながったりしていると指摘。離島は固有希少種の生息地や海鳥類の繁殖地となっており、野生化した猫の捕獲や飼い猫の適切な飼育の普及啓発などを求めた。

 研究会は「猫の捕獲を進めた上で、新たな飼い主を募ったり、処分を検討することが必要」としている。

 一方、来年の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の環境保全策について、国や地元の関係者、専門家が19日、鹿児島県奄美市で意見交換した。この中で国側は、野生化したネコ対策として、奄美大島での管理計画をまとめると明らかにした。

 人間が飼育する猫(イエネコ)は、飼い主のいる「飼いネコ」、飼い主はいないが食べ物など生活を人間に依存する「ノラネコ」、完全に野生化し、人と無関係に生活する「ノネコ」に分けられる。

 このうちノネコは、国際自然保護連合が策定した「世界の侵略的外来種ワースト100」に挙げられている。
http://www.sankei.com/region/news/170921/rgn1709210040-n1.html

環境省、奄美大島の希少動物を襲う野良猫の駆除を検討【財経新聞2017年10月8日】
2008年に奄美大島で撮影された、アマミノクロウサギを捕食する野良猫。(写真:那覇自然環境事務所発表資料より)[写真拡大]
写真の拡大
最新記事をTwitterでフォロー
財経新聞に「いいね!」
 環境省は、アマミノクロウサギをはじめとする奄美大島の希少動物を保護するため、島に生息する野生化した野良猫(ノネコともいう)を捕獲、管理する計画を策定することを明らかにした。

【こちらも】小笠原の生態系、80年代に侵入の陸生ヒモムシが大きく破壊

 奄美大島は世界自然遺産への登録を目指し、生態系の保護対策が話し合われているが、その会合の場において、那覇自然環境事務所の所長が明らかにしたという。管理計画には、鹿児島県や、地元の5の市町村が関わることになる。

 奄美大島のノネコの推定生息数は600から1,200程度とされる。似たような問題を抱える東京都の小笠原諸島では、捕獲後の猫は愛猫家に譲渡されているが、奄美大島のノネコは数が多すぎ、引き取り手が見つからない個体が出る可能性があることから、現在、安楽死も検討の対象にのぼっている。

 アマミノクロウサギはその名の通り野生の兎の一種であり、日本固有種で、奄美大島と徳之島にしか生息していない。徳之島での生息数は100から200程度、奄美大島では数千程度と推測されている。

 研究では、ノネコ1匹が1年間に捕食するアマミノクロウサギは、40匹前後と推測されるという。

 直接の関係はないが、猫によって絶滅に追い込まれた生物種の事例として、ニュージーランド固有種でスティーヴンズ島にしか生息していなかったスチーフンイワサザイという鳥の例が有名である。1900年頃、人間が持ち込んだ猫のために絶滅したとされ、一説には、スチーフンイワサザイが絶滅した原因は「たった1匹の、灯台守が飼っていた猫」であったとも言われる。

 説明するまでもなく猫は人間にとって人気があり、深い親しみの対象となっている生き物であるので、安楽死という強硬手段について、反発する世論もある。しかし、研究者からは早急にノネコを捕獲しなければ奄美大島の希少生物絶滅するという指摘もあるなど、対策が急がれている。(藤沢文太)
http://www.zaikei.co.jp/article/20171008/404494.html

http://archive.is/yd4H7

タグ:奄美 ノネコ
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: