2017年09月26日

群馬)パンダだけじゃない、動物の赤ちゃんの目白押し【朝日新聞デジタル2017年9月26日】

桐生が岡動物園で生まれた3頭のライオンの赤ちゃん。奥は母ライオン=桐生市宮本町3丁目

 上野動物園(東京)のジャイアントパンダの赤ちゃんが20日で生後100日を迎え、25日に名前がシャンシャン(香香)に決まった。かわいい動きの映像などが流され、今や国民の人気者。でも、県内にも香香と同じ時期に生まれた動物はたくさんいて、愛らしい姿を見ることができる。

 桐生が岡動物園(桐生市)で7月に生まれたライオンの赤ちゃん3頭は、28日午後から屋外でも公開される。これまでは室内のガラス越しだけだったが、これからは、時間によっては広いライオン舎で動き回る姿も見られる。同日午後からは3頭の愛称を募集するという。屋内観覧室にある用紙で応募することができる。10月12日まで。

 同園では他にも、ニホンザルが4〜5月に3匹、フラミンゴも7月下旬〜8月に2羽生まれており、元気な姿を見せている。

 前橋市の「赤城クローネンベル…

残り:393文字/全文:739文字
http://www.asahi.com/articles/ASK9T5H8NK9TUHNB00P.html

http://archive.is/yMsND

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: