2017年09月26日

名前つける動物、実は少数派 「パンダは本当に特別」【朝日新聞デジタル2017年9月26日】

【動画】名前が「シャンシャン(香香)」と決まったパンダの赤ちゃん=東京動物園協会提供

脚についている色とりどりのリングと番号で管理されているフラミンゴ(上野動物園提供)

 上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前がシャンシャン(香香)に決まった。園には約350種類、2500ほどの動物が暮らすが、名前を持つ動物はそう多くない。

 40羽が暮らすフラミンゴ舎。すらりと伸びた脚には赤や白のリングがついている。リングには数字が書いてあり、リングの色と組み合わせて個体を見分ける。「赤21」「白8」といった具合だ。

 2010年に生まれたニホンザルの赤ちゃんは飼育係によってホクト、ヤマビコ、スカイライナーと名付けられた。園では年ごとのテーマに沿って名前を決めるルールがある。この年は「列車」がテーマだった。

 13年に生まれたニシローランドゴリラの赤ちゃんは飼育係が五つの候補を考え、来園者に投票してもらった。集計の結果、母親のモモコにちなんだモモカに決まった。

 番号で管理したり、飼育係で名前を決めたりする動物が多い中、インターネットや郵送で広く名前を募ったパンダは例外中の例外だ。園は動物園で日本一の年間入場者数を誇るが、パンダが不在だった08〜10年度は大きく落ち込んだ。「パンダは中国で『国宝』と位置づけられる動物。本当に特別です」

 園側は名前をつけることで親しみを持ってもらいたいと考える一方、「個体ではなく、種を保存し、展示している」との考えがある。担当者は「ペットではないので、擬人化せず、生物として科学的にみてほしい」と話す。

 ほかの動物園はどうか。動物本…

残り:531文字/全文:1130文字
http://www.asahi.com/articles/ASK9H3FCDK9HUTIL01B.html

http://archive.is/kjGry

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: