2017年09月27日

NY市は野鳥の宝庫 ハリケーンの副産物【Daily Sun New York2017年9月27日】

 【22日DNA インフォ】今年はハリケーンの襲来が多いが、そのおかげでニューヨーク市内には野鳥が増え、珍しい野鳥の姿も確認されている。
 嵐に巻き込まれた野鳥、嵐を避けて迂回した野鳥、嵐で方向感覚を失った野鳥など、渡ってくる理由はさまざまだと説明するのは、野鳥保護団体オーデュボン協会のガブリエル・ウィローさん。「バードウォッチャーにはありがたいが、予定が狂った野鳥にとっては災難だ」と話している。
 ハリケーンの影響でどんな野鳥がニューヨークに飛来するかは、毎年異なる。今年は、通常北米の西部に生息するニシタイランチョウがガバナーズ島やスタテン島で、また、フロリダ州などで見られるベニヘラサギがニュージャージー州のカンバーランド郡で目撃されている。ハリケーンのせいで南に渡るのを「先延ばし」にしている野鳥もいる。ウィローさんによると、こうした珍しい野鳥を探すには、スタテン島南端やコニーアイランド、ジョーンズビーチがお勧めだという。
 マンハッタン区のセントラルパークやクイーンズ区のフォレストパーク、ブルックリン区のプロスペクトパーク、ブロンクス区のバン・コートランド・パークなども野鳥の観察に適しているという。
https://www.dailysunny.com/2017/09/26/news0926-2/

http://archive.is/Ovbsn

posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: