2017年10月01日

豊橋に東三河初のバードカフェ 小哲の部屋オープン/お茶しながら鳥とのふれあい楽しんで【東日新聞2017年10月1日】

 お茶を楽しみながら鳥と触れ合える「バードカフェ 小哲の部屋」が9月29日、豊橋市三ノ輪町1丁目1ノ2にオープンした。バードカフェの出店は東三河で初めてで、複数の種類の鳥を見られる店は珍しいという。

 約50平方メートルの店内のうち仕切りの向こう側で、つながれたタカ1羽、フクロウ3羽がじっとこちらを見ている。ガラスの囲いの中をインコなど小鳥約30羽が元気にさえずりながら飛び交う。

 代表の浪崎栄恵さん(43)は大の鳥好き。好きが高じてバードカフェの出店を思い立ち、本業の看護師のかたわら家庭動物管理士の資格を取得。保健所とも相談を重ねて可能性を探った。

 鳥を飼うカフェという経営形態自体が東三河になく、いくつもの金融機関に融資を断られ、資金調達は難航。唯一興味を示した第三銀行から日本政策金融公庫を紹介され、愛知県信用保証協会と連携した協調融資制度で計1000万円の融資を受けた。

 「1秒1秒、顔が変わるほど感情表現が豊か」と浪崎さんは鳥の魅力を話す。
 タカとフクロウとインコを同時に見られるカフェは珍しいという。一部を除き鳥舎に入って触れることができる。店名はペットとして4年前から飼っているタカの「小哲」にちなんだ。

 平日の入店料は1時間900円(土日祝日は50分1100円)。ドリンク(おかわり自由)や鳥との触れ合い、写真撮影代を含む。

 営業時間は平日午後1時〜同6時30分、土・日曜、祝日は午前11時〜午後6時30分。

タカの「小哲」と浪崎さん。隣の客の手にはフクロウの一種のアメリカワシミミズク(豊橋市三ノ輪町で)

お茶を飲みながら小鳥を鑑賞(同)
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=63281

豊橋に東三河初のバードカフェがオープン【東愛知新聞2017年10月2日】
 豊橋市三ノ輪町の国道1号円六橋交差点角に先月末、タカ・フクロウ・インコ類など常時約40羽と遊べる、東三河初のバードカフェがオープン。創業したのは、鳥好きな看護師で、タカ科のハリーホーク(愛称・小哲くん)を育てている浪崎栄恵さん(43)=同市岩崎町。屋号はこのペットから「小哲の部屋」と命名した。
 鳥を鑑賞しながらお茶が楽しめて、触れ合うこともできる、鳥好きにはたまらないこのカフェ。ガラス張りの仕切りを設けるなど、衛生面は十分配慮し、餌やり体験もできる。
 「鳥好きだけど飼うのは無理。猛きん類に興味はあっても育てる自信がない」などのニーズに応えたかった、という浪崎さん。家庭動物管理士や第一種動物取扱業資格を持ち、鳥の展示だけでなく販売もできる。
 地元待望のこのカフェは、日本政策金融公庫豊橋支店と第三銀行の協調融資によって、浪崎さんの“長年の夢”を実現させた。「大変な熱意を感じ、応援するのが使命だと思った」と小川泰支店長はエールを贈っている。
 入場料は、1時間単位で平日900円(土日祝1100円)=ドリンク・ふれあい・写真撮影込)。餌やり1回200円。営業時間は平日午後1時〜同6時半、土日祝午前11時〜後6時半(最終入店)。不定休。
(藤田彰彦)
アメリカンワシミミズク「最上ちゃん」と浪崎さん=バードカフェ小哲の部屋で
とても人なつっこい、ハリーホークの「小哲くん」=同
http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1745

http://archive.li/RC5EQ
http://archive.is/xRONi

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: