2017年10月05日

(各駅停話)別保駅 羽ばたく長ぐつホッケー【朝日新聞デジタル2017年10月5日】(町の鳥/エゾフクロウ)

「長ぐつアイスホッケー」をPRする、ゆるキャラ「ガッホくん」=北海道釧路町別保1丁目の町役場

 アイヌ語の「ペッ・ポ」(川の子)が語源という別保駅で降り、釧路町役場に向かうと「ガッホくん」が出迎えてくれた。同町発祥という冬場のスポーツ「長ぐつアイスホッケー」にちなんだご当地ゆるキャラで、町の鳥「エゾフクロウ」がモチーフ。担当者によると「一生懸命やっている人を応援する『永遠の11歳』」なのだとか。

 大きな瞳が愛らしい。ヘルメットをかぶってスティックを持ち、ひざ当てまでしているが、長ぐつアイスホッケーは一度もやったことがないという。昨年、体の色を少し明るくして、さらに可愛らしくなった。

 冬は雪に閉ざされる釧路町。「…

残り:233文字/全文:481文字
http://www.asahi.com/articles/ASK9D042QK9CULZU00R.html

http://archive.is/Qf7Bt

posted by BNJ at 21:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: