2017年10月09日

よちよちペンギン行進、餌やりも 大森山でふれあいイベント【秋田魁新報電子版2017年10月9日】(シロフクロウ)

よちよち歩く愛くるしい姿が人気を集めたフンボルトペンギン

 秋田市浜田の「あきぎんオモリンの森」(大森山動物園、小松守園長)の「秋の動物ふれあいフェスティバル」が8日、開かれた。パレードや動物の餌やり体験など多彩なイベントが繰り広げられ、大勢の家族連れらで終日にぎわった。

 パレードでは、飼育員の指につかまりながらニホンイヌワシやシロフクロウなど10種類の動物が園内を“行進”。たてがみを三つ編みに結ったポニーや、よちよち歩くペンギンなど愛嬌(あいきょう)のある姿に歓声が上がった。
(全文 476 文字 / 残り 264 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20171009AK0005/

http://archive.is/gOUPS

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: