2017年10月11日

鳥インフルエンザのマニュアル改定/青森県【Web東奥ニュース2017年10月11日】

 昨年11、12月に青森市の2農場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は10日、発生時の対応マニュアルを改正した。農場ごとの詳細な防疫計画を事前に策定することなどを明記し、感染した鳥の殺処分や埋却などを迅速に行う態勢を整備する。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20171011029535.asp

http://archive.is/esy3B

posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: