2017年10月12日

鳥インフルエンザに備え防疫演習、殺処分など手順を確認【秋田魁新報2017年10月12日】

鳥インフルエンザ発生時の作業手順を確認した防疫演習
 渡り鳥の本格的な飛来シーズンを前に、鳥インフルエンザの発生に備えた防疫演習が12日、秋田市の県議会棟で行われ、県職員約100人が、感染した鶏を殺処分する手順や防護服の着脱方法を確認した。県畜産振興課の主催で、県職員を対象とした演習は初めて。

 養鶏場で鳥インフルが発生すると県職員が対応に当たる必要があることから、家畜保健衛生所の職員が鶏の殺処分から鶏舎の消毒までの流れを説明。多くの人手が求められる殺処分の作業については、工程を四つに分けて重点的に手順を確認した。
(全文 422 文字 / 残り 189 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20171012AK0030/

鳥インフルの発生想定し訓練(秋田県)【NNNニュース2017年10月12日】
渡り鳥が本格的に飛来する時期になり、鳥インフルエンザの発生に備えた訓練が県庁で行われました。訓練では、防護服の着用方法や鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認された農場で鳥を処分する手順などを確認しました。
鳥インフルエンザの発生に備えて行われた訓練には県庁のすべての部からおよそ100人の職員が参加しました。鳥インフルエンザが発生した場合は、原則としてその地域を管轄する県の地域振興局が対応するため、県庁の本庁で対応訓練を行うのは今回が初めてです。県によりますと県内では136の農場でおよそ234万羽のニワトリやカモが飼育されています。鳥インフルエンザウイルスは生きた鳥の体内で増殖するため、農場でウイルスへの感染が確認された場合は、鳥を速やかに処分して、ほかの鳥や農場にウイルス感染を広げないことが重要になります。訓練ではニワトリの模型を使って鳥インフルエンザの発生が確認された後の鳥の処分などの手順を確認しました。また、職員が防護服を着用する訓練も行われ、マスクを顔に密着させ、防護服とゴム製の手袋のすき間をガムテープでふさぐことなどを確認しました。県は訓練に参加した職員に対してほかの職員にも対応方法を伝えるよう促して、鳥インフルエンザが発生した場合の迅速な対応につなげたい考えです。
http://www.news24.jp/nnn/news86112552.html

http://archive.is/3AAHA
http://archive.is/lCyXJ

posted by BNJ at 22:29 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: