2013年10月15日

冬の使者コハクチョウが初飛来 安曇野市【日テレNEWS24 2013年10月15日】

長野・安曇野市に冬の訪れを告げる使者・コハクチョウが、15日午前6時前に越冬のため犀川ダム湖に飛来。浅瀬で羽づくろいをするなど、旅の疲れを癒やしている様子だった。初飛来は去年より5日遅く、安曇野で越冬するようになって30シーズン目を迎える。
記事全文
 長野・安曇野市に冬の訪れを告げる使者・コハクチョウが今年も越冬のため犀川ダム湖に飛来した。

 安曇野市豊科の犀川ダム湖ではコハクチョウ1羽が羽根を休めていた。15日午前6時前にアルプス白鳥の会の会田仁さんが飛来を確認した。渡り直後のため首の部分が黒く汚れていて、浅瀬で羽づくろいをするなど、旅の疲れを癒やしている様子だった。

 初飛来は去年より5日遅く、安曇野で越冬するようになって30シーズン目を迎える。早速集まった写真愛好家が白鳥をカメラに収めていた。午前9時前には川から飛び立ち、明科の御宝田遊水池に移動した。

 2月末には4000キロ離れたシベリアへ戻る北帰行が始まる。
http://www.news24.jp/articles/2013/10/15/07238296.html

http://archive.is/2Gpuw

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: