2017年10月21日

とべ動物園だより ヒワコンゴウインコ 親子の“フォーショット”あと数カ月 /愛媛【毎日新聞2017年10月21日】

羽を休めるヒワコンゴウインコの親子。右からミーナ、ナナ、ミーヤ、ソウ=愛媛県砥部町上原町のとべ動物園で、中川祐一撮影
 ヒワコンゴウインコの親子が人気を集めている。父の「ソウ」(19歳)と母の「ナナ」(7歳)、2羽の間に今年生まれた「ミーナ」と「ミーヤ」だ。生まれた3月17、18日にちなみ名付けられた。

 ヒワコンゴウインコという名のとおり、黄色に近い黄緑色を表す鶸(ひわ)色の羽が全身を覆っている。さらにくちばしの上には赤色、尾には水色やだいだい色の羽が生えており、色鮮やかだ。

 親子とも全長80〜90センチほどで、ほとんど同じ。違いはくちばしの上の羽の色だ。親は赤色の上が黄緑色、子どもは2色の間に黄色の羽が生えている。そのうち黄緑色に変わるというが、飼育員の池田敬明さん(43)は「とべ動物園での繁殖は初めてなので色が変わる時期はわからない。どう成長するのか楽しみ」とうれしそうだ。

 繁殖期に入ると親子を別々にしなければならないという。池田さんは「親子4羽そろった姿が見られるのはあと数カ月。ぜひ見に来て」。【中川祐一】
https://mainichi.jp/articles/20171021/ddl/k38/040/605000c

http://archive.is/xtxsQ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: