2017年10月27日

小学生が国鳥のキジを放鳥 埼玉 小鹿野町【NHKニュース2017年10月27日】

生息数が減っている日本の国鳥、キジを増やそうと、埼玉県小鹿野町の小学校で子どもたちがキジを森に放ちました。
小鹿野町の山あいの両神小学校では、野生生物との触れ合いを通じて豊かな心を育もうと、今回、初めてキジの放鳥を行うことになりました。

26日は全校児童およそ100人が学校の校庭に集まり、埼玉県の鳥獣保護員の男性からキジの生態などについて学びました。

このあと、下級生たちが見守る中、6年生12人が、合わせて16羽のキジを次々と森に放っていきました。体長40センチほどのキジは、森に向かって勢いよく飛び立ち、子どもたちは、姿が見えなくなるまで歓声を上げていました。

6年生の女の子は「キジに初めて触れて、毛がふわふわしていることに驚きました。飛ぶ姿が美しく、仲間を増やしてほしいです」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199271000.html

http://archive.is/aag5K

タグ:国鳥 キジ
posted by BNJ at 11:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: