2017年10月27日

マガン一人旅 珠洲・八丁の田近くで確認【北國新聞2017年10月27日】

1羽で羽を休めるマガン=珠洲市正院町小路

 珠洲市正院町小路の通称「八丁の田」近くで26日、シベリアから渡ってきたとみられるマガン1羽が今年初めて確認された。マガンを見つけた県鳥獣保護員の伊吹祥昭(よしあき)さん(76)=上戸町北方=によると、マガンは通常群れで行動するため、1羽のみでの飛来は珍しいという。

 珠洲では毎冬、マガンの越冬が確認されている。3月中旬ごろまで珠洲で過ごすとみられ、伊吹さんは「後から来る群れと合流するだろう。無事に越冬してほしい」と話した。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20171027104.htm

http://archive.is/w6Pk0

タグ:マガン
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: