2017年10月27日

日本食鳥協会、鳥貴族に感謝状 国産使用で【日本経済新聞2017年10月27日】

 日本食鳥協会は27日、1985年の創業以来、国産鶏肉の使用を続ける鳥貴族に感謝状を贈呈した。10(トリ)月29(ニク)日の「国産とり肉の日」を前にしたイベント。鳥貴族の大倉忠司社長は会見で「創業時よりも国産に対する客のニーズ支持を大きく感じている」と話した。国産鶏肉の卸値は上昇基調だ。東京市場でムネ肉は1キロ320円前後。前年同月と比べて2割高い。鳥貴族も人件費や食材価格上昇を受け10月から値上げした。大倉社長は「まだ正確なデータが出ていないため売り上げについては見極め中だ」としている。

27日、日本食鳥協会(東京・千代田)は国産チキンの消費拡大に貢献をしたとして鳥貴族の大倉社長(中央)に感謝状を贈呈した

 消費者の鶏肉に対する人気は根強い。ここ最近は健康にいいとして注目されており、消費が拡大している。総務省が発表した8月の家計調査によると鶏肉は支出金額と購入数量ともに上昇。「値上がりしても食べたい」という消費者の志向が見える。

 国内の養鶏を巡る環境は楽とは言えないのが現状だ。ある食肉メーカーの担当者は「ここ数年の卸値価格の低迷で赤字をだしていた養鶏場がほとんど。今ようやく黒字で運営ができるようになったという状況では」と語る。日本食鳥協会も引き続き国産鶏肉の啓発活動に力をいれる「鳥貴族に対し国産チキンのシンボルマークをメニューにとりいれてもらえるように交渉中」(佐藤実日本食鳥協会会長)といい、大倉社長も前向きに検討するとしている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22783580X21C17A0000000/

http://archive.is/XEJYV

posted by BNJ at 22:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: