2017年10月27日

仏産フォアグラの輸入再開=2年ぶり、鳥インフル沈静化−農水省【時事ドットコム2017年10月27日】

 農林水産省は27日、フランスでインフルエンザの沈静化が確認できたとして、一部地域(メーヌ・エ・ロワール県とドゥー・セーブル県)を除き仏産の鶏肉類やフォアグラの輸入を解禁したと発表した。鳥インフル発生を受けて2015年11月に輸入を禁止して以降、2年ぶりの輸入再開となる。(2017/10/27-17:48)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102701076&g=eco

日本、世界に先駆けフランス産フォアグラ輸入再開 鳥インフル沈静化【AFPBB News2017年10月28日】
【10月28日 AFP】日本政府は、鳥インフルエンザの発生を受けて2年前に禁止していたフランス産フォアグラの輸入を再開した。フランスのステファヌ・トラベール(Stephane Travert)農業・食料相が27日、明らかにした。

 トラベール氏はラジオ局、ラジオ・クラシーク(Radio Classique)で「今夜は良い知らせがある。日本がわが国の家禽(かきん)類の肉とフォアグラの輸入を再開した」と述べた。

 フランスは世界最大のフォアグラ生産国だが、2015年に国内の農場でH5N1型のウイルスが検出され輸出が急減。生産者らが鳥インフルエンザの危機をようやく脱しようとしていた2016年にも、再び高病原性のH5N8型ウイルスが検出されていた。

 仏農業・食料省は「国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、本日、わが国は高病原性鳥インフルエンザの清浄国となった」と発表し、家禽類一般およびフォアグラの輸出再開が許可されたと明らかにした。

 日本はフランス産フォアグラの最大の輸入国で、今回のOIEの決定に最初に対応した。
http://www.afpbb.com/articles/-/3148426

http://archive.is/CkxpY
http://archive.is/4MvUO

posted by BNJ at 22:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: