2017年10月29日

高病原性鳥インフル防疫演習(熊本県)【NNNニュース2017年10月29日】

渡り鳥の季節を前に高病原性鳥インフルエンザの防疫演習が球磨郡あさぎり町で開かれた。あさぎり町深田の高山総合体育館で行われた防疫演習には県球磨地域振興局や管内の自治体、消防などから約80人が参加。演習では、去年12月、県北で鳥インフルエンザが発生した際の対応を時系列で示しながら課題を検証したり、具体的な改善点が紹介された。また関係機関の役割分担や防疫服の着用、防疫作業の流れについて確認した。球磨地方では、2014年4月に多良木町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、相良村の系列の養鶏場を含めてニワトリ11万2000羽が処分された
http://www.news24.jp/nnn/news8688039.html

http://archive.is/YOjuU

posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: