2017年10月26日

タカ作戦 粋に芝守る 大阪・てんしば【毎日新聞2017年10月26日】

芝生の種を食べる鳥よけに飛び立つタカ。後方はあべのハルカス=大阪市天王寺区で、平川義之撮影
 天王寺公園(大阪市天王寺区)で冬用にまいた芝生の種をハトなどから守ろうと、管理する近鉄不動産がタカを使って追い払う作戦に乗り出した。26日朝、鷹匠(たかじょう)の安井寛さん(46)がハリスホークの雄「粋(すい)」を放つと、芝生広場の上空を悠然と飛び回った=写真・平川義之撮影。

 同社が9月下旬から試験的に始めた。日本一高いビル「あべのハルカス」のそばにある天王寺公園の芝生は約7000平方メートル。「てんしば」の愛称で親しまれ、さまざまな催しが開かれている。毎年この時期に芝の種をまいているが、ハトが食べてしまうため十分に育たず、余分な費用がかかっていたという。

 昨年からタカの鳴き声をスピーカーから流しているが、あまり効果がみられない。安井さんによると、タカが縄張りを示すことで害鳥を遠ざける効果があるという。同社の担当者は「効果が上がれば、作戦を継続したい」と期待している。【藤河匠】
https://mainichi.jp/articles/20171026/ddf/041/040/005000c

http://archive.is/FR91H

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: