2017年10月30日

五島にナベヅル4羽飛来【長崎新聞2017年10月30日】

田んぼで羽を休めるナベヅル=五島市岐宿町(吉田さん撮影)

 五島市岐宿町の田んぼに28、29日、ナベヅル4羽が飛来し、愛好家数人が写真撮影して楽しんだ。

 ナベヅルは鹿児島・出水平野での越冬で有名。五島市の鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンターによると、福江島は渡りのメインルートからは外れているが、毎年10月から12月にかけて上空を飛んだり、悪天候のときを中心に一時降り立ったりする姿が確認されている。ただ、誰でも簡単に見つけられるわけでなく、愛好家たちも「撮影できれば幸運」と話す。

 今回は五島市新港町の会社員、吉田竜成さん(29)が28日午前中に岐宿町河務で発見。予定していた釣りをキャンセルして撮影に熱中し、29日も午前11時に飛び立つまでカメラを向けた。吉田さんは「十数年ぶり。見つけたときは、よしっと思った。首を伸ばしたまま飛び立つ姿がかっこいい」と話した。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/10/30091439052885.shtml

http://archive.is/LtcuB

タグ:ナベヅル
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: