2017年11月02日

山口)トップ当選はどの動物? ときわ動物園で総選挙【朝日新聞デジタル2017年11月2日】

アルパカのポスター=ときわ動物園提供

 トップ当選を果たすのはどの人気者? 宇部市のときわ動物園で、園内で一番人気のある動物を決める「どうぶつ総選挙!」が開かれている。6種類の動物が立候補し、来園者の清き一票を求めてアピール合戦を繰り広げている。投票は5日まで。11日に開票結果が発表される。

 園内には、立候補したそれぞれの動物の写真とセールスポイントなどを組み合わせたポスターが掲示されている。シロテテナガザルは赤ちゃんを抱いた写真に「家族の絆を守る」、フサオマキザルは強い目力を感じさせる写真に「俺についてこい」の文字が躍る。宇部市内にも生息するホンドタヌキは真摯(しんし)さを感じさせる横顔で「地元愛」を訴える。

 額にはオレンジ色で三日月形の毛が、鼻からのどにかけては長いひげのようにも見える白い毛が生えるマイペースなサル、ブラッザグエノンはつぶらなを瞳を斜め上に向けて「我が道をいく」。アルパカはフカフカの毛に覆われているときと、毛が刈られてスレンダーになったときの写真を組み合わせて「空前絶後のビフォーアフター」とギャップをPR。

 真っ白な体毛のコブハクチョウ…

残り:367文字/全文:820文字
http://www.asahi.com/articles/ASKBZ4CH0KBZTZNB019.html

http://archive.is/VfxGb

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: